ニュース

開発時間が7割短縮、Bluetooth SIGからSDK

 Bluetooth SIGは、ソフトウェアベースの開発キット「Bluetooth Developer Studio ベータ版」を発表した。さまざまな機能により学習時間と開発時間の短縮が可能とうたい、IoT製品を簡単に開発できるとアピールされている。

 「Bluetooth Developer Studio ベータ版」は、GUI、Bluetooth 4.0などに対応するGATT基盤のアプリケーション開発機能、デバッグツールなどで構成される。開発者に必要なBluetoothプロファイルはドラッグアンドドロップで検索でき、プロジェクトの構築が可能。コードを自動生成でき、デバイスを仮想的、実質的にテストできるとしている。

 同キットでは、チュートリアルとコードサンプルにアクセスできることで学習時間を最大50%短縮し、アルファ版のユーザーやBluetoothの開発者からのフィードバックを元に構成されていることで、開発時間を最大70%短縮できるとうたう。

「Bluetooth Developer Studio ベータ版」

(太田 亮三)