ニュース

BluetoothとANT+両対応のケイデンスセンサー発売

 フォーカルポイントは、自転車のペダルの回転数を計測するケイデンスセンサーの新製品として、BluetoothとANT+の両方の規格に対応しスマートフォンアプリなどと連携できる「Wahoo Fitness RPM ケイデンスセンサー」を発売した。価格はオープン価格で、同社直販価格は6500円(税抜)。

「Wahoo Fitness RPM ケイデンスセンサー」

 「Wahoo Fitness RPM ケイデンスセンサー」は、Bluetooth SMARTとANT+の両方の規格をサポートするケイデンスセンサー。Bluetoothに対応するスマートフォンアプリと連携できるほか、ANT+対応機器と連携することが可能になっている。

 スマートフォンアプリでは、純正の「Wahoo Fitness」でケイデンスを測定可能。純正アプリ以外でも、「Strava Cycling」や「Cyclemeter」「MapMyRIDE」「TrainingPeaks」などで同センサーの情報を取得できる。

 iPhoneと連携する「Wahoo Fitness サイクルコンピュータ RFLKT for iPhone」や、チェストベルト心拍計「Wahoo Fitness TICKR」と連携することも可能になっている。

 対応端末はiPhone 4s〜、iPad(第3世代)〜、iPod touch(第5世代)〜、Bluetooth SMART対応でAndroid 4.3以降のスマートフォン。

 センサー本体はIPX7の防水性能を実現し、雨の中でも利用できる。パッケージにはラバーケースとタイラップのほか、3M製の両面テープ、シューズ用マウントが同梱される。センサー本体の大きさは約35×26×7.5mmで、重さは約8g。

「Wahoo Fitness RPM ケイデンスセンサー」装着イメージ

(太田 亮三)