ニュース

子供が離れるとスマホのアラームでおしらせ「デジタルまいごひも」

 キングジムは、子供が離れるとスマートフォンを鳴らして知らせるストラップ「デジタルまいごひも」を5月15日より発売する。価格は3800円(税別)。

 「デジタルまいごひも」はスマホとBluetoothで接続して利用する。子どもに持たせた「デジタルまいごひも」が一定の範囲から離れたら、スマホの専用アプリがアラームを鳴らして知らせる。専用アプリではアラームの作動する距離や、離れてから作動するまでの時間を設定可能。距離は8〜30mの範囲内で、4段階の指定ができる。作動するまでの時間は標準の10秒程度、短めの5秒程度、長めの15秒程度の3段階で選べる。

 スマートフォンとはBluetooth 4.0を使用して接続する。専用アプリには「デジタルまいごひも」本体を5台まで登録可能。複数の子どもに持たせて使ったり、外出時に手荷物につけて置き忘れを防止したりといった使い方ができる。

 本体サイズは約30×8×37mm。重さは約7g。CR2016型のボタン電池1個で約1000時間動作する。専用アプリはiOS/Androidに対応したものが5月上旬より配信予定。アプリの利用は無料。

(石井 徹)