ニュース

モバイル市場の動向調査をまとめた「スマホ白書 2015」発刊

 インプレスR&Dは、スマートフォンやモバイルコンテンツ市場の動向や成長展望をまとめた「スマホ白書 2015」(編者:モバイル・コンテンツ・フォーラム)を発刊した。インプレスR&Dの「NextPublishing」対応書籍として販売され、電子書籍版が4800円、印刷書籍版が5800円。

 「スマホ白書 2015」では、日本や世界でのスマートフォンの普及動向、iOSやAndroidなどのアプリコンテンツ、電子書籍や動画などのデジタルコンテンツ市場、などといった各分野の市場動向を分析したり、MVNO市場の動向、ハッカソンやキャリアによるスタートアップ支援といった新動向や、モバイルコンテンツに関連する知的財産法などのトピックについて解説している。

 インプレスR&Dが提唱する「NextPublishing」メソッドを用いた電子書籍として提供され、電子書籍版とオンデマンド印刷版が販売される。電子書籍版はAmazon.co.jpの「Kindle」、楽天の「楽天Kobo」、アップルの「iBookstore」、紀伊國屋書店の「Kinoppy」の各サービス向けに配信されている。印刷書籍版は、Amazon.co.jpのほか、三省堂書店オンデマンドや一部大手書店チェーンにて購入できる。

(石井 徹)