ニュース

Google「Nowカード」にシュフーやナビタイム、ヤフオクなど追加

“ちょうどいいタイミング”で知りたい情報を表示

 Googleは、Android上で提供しているGoogleアプリの「Nowカード」について、連携できるサードパーティ製アプリに新たに10種類が追加されたと発表した。新たに対応したのは、Ameba、ウェザーニュースタッチ、シュフー、じゃらん、タウンワーク、ナビタイム、ホットペッパー グルメ、ホットペッパー ビューティー、メルカリ、ヤフオク!の10種類のアプリ。

シュフー
乗換ナビタイム

 Googleは、Nowカードにおいて「Now サードパーティプラットフォーム」を提供しており、サードパーティ製アプリとしてすでにクックパッド、SUUMO、SmartNewsが対応している。今回の発表により、10種類の対応アプリが追加されたことこになる。対応するアプリがインストールされている場合、Nowカードには最適と予想されるタイミングで情報が表示されるようになる。

 今回追加された中では、例えばシュフーをインストールしている場合だと、お気に入りに登録してあるスーパーの近くにいるとNowカードにチラシが表示されるようになる。乗換ナビタイムは、事前に検索した経路や役立つ情報が出かける前に表示するほか、ホットペッパー ビューティーは、ヘアサロンやネイルサロンなどの予約情報をカードに表示する。ウェザーニュースタッチでは、現在地周辺で珍しい空の写真が報告ラッシュになると、その写真がNowカード表示されるようになる。

 いずれも、対応するサードパーティ製アプリの最新版をインストールしている場合に、Nowカードと連携するようになる。

(太田 亮三)