ニュース

ドコモとソフトバンク、IoT機器を一元操作「GotAPI」推進団体を設立

27社が参画してスタート

 NTTドコモとソフトバンクモバイルは、ウェアラブル機器やIoT機器をスマートフォンアプリから一元操作できる「GotAPI」の普及活動や機能検討を行う団体「デバイスWebAPIコンソーシアム」を設立した。両社が声をかける形で、合計27社が参画し設立された。

「GotAPI」の概要

 「GotAPI」は、ドコモが開発した「デバイスコネクトWebAPI」がベースになっており、国際的な標準化団体である「OMA」(Open Mobile Alliance)により、4月16日に標準化された。

 「GotAPI」がインストールされたスマートフォンでは、アプリを通じて、同じく「GotAPI」に対応したウェアラブル端末やIoT機器を一元的に操作できるようになる。

 例えばアプリを「GotAPI」に対応した仕様で制作すれば、リストバンド型のウェアラブル端末から歩数を、衣服型のウェアラブル端末から心拍数を、といったように、複数の機器から情報を取得して、ひとつのアプリ内で活用できるようになる。照明やテレビ、ホームセキュリティなどの機器も、IoT機器として「GotAPI」に対応すれば、ひとつのアプリで複数の機器の情報を扱うことが、簡単に行えるようになるとしている。

 ドコモでは、すでに提供されているスマートフォンやデバイスでも、一部のモデルは、ソフトウェア更新やファームウェアのアップデートで「GotAPI」に対応できる場合があるとしている。

 設立された団体「デバイスWebAPIコンソーシアム」では、「GotAPI」の採用を促進する活動を行っていくほか、実用化に向けた開発支援、課題解決のサポートなどに取り組んでいく。

 なお、KDDIは、OMAには加盟しており、標準化された「GotAPI」そのものについては引き続き連携していく方針とする一方、「デバイスWebAPIコンソーシアム」という団体への参加については、自社のIoTに対する戦略などもあり、「検討段階」とコメントしている。

会員企業27社(4月30日時点)
株式会社アイ・オー・データ機器 株式会社ACCESS
株式会社アライヴ インフィニテグラ株式会社
ウエストユニティス株式会社 株式会社エー・アンド・デイ
NECソリューションイノベータ株式会社 NECネッツエスアイ株式会社
株式会社NTTデータMSE 株式会社NTTドコモ
オムロン株式会社 カシオ計算機株式会社
株式会社グラモ 株式会社GClue
シャープ株式会社 セイコーエプソン株式会社
株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所 ソフトバンクモバイル株式会社
Trek 2000 International Ltd. 株式会社日新システムズ
日本マイクロソフト株式会社 Vuzix Corporation
富士通株式会社 株式会社ブリリアントサービス
ラトックシステム株式会社 Lamprey Networks, Inc.
株式会社リコー

(太田 亮三)