ニュース

ソニー、Bluetoothスピーカー一体型のLED電球

LSPX-100E26Jと付属のリモコン

 ソニーは、Bluetoothスピーカーの機能を一体化したLED電球「LSPX-100E26J」を5月23日に発売する。店頭価格は2万4000円程度になる見込み。

 LSPX-100E26Jは、E26型のソケットに装着して利用できるBluetoothスピーカー一体型のLED電球。変換アダプターを使用することでE17型のソケットにも装着できる。ただし、外形寸法が116×61×61mmということで、機材の形状によっては装着できない場合もあるが、ソニーでは競合他社の製品よりも小型なため、より多くの機材で利用できるとしている。

 電球の前面に40mm径、2Wのフルレンジスピーカーを装備しているが、新開発の「円筒導光板」や「光学レンズグローブ」を採用することで、器具シェード全体を照らしつつ、影を抑える工夫が施されている。同社によれば、リラックスして音楽を楽しんだり、読書したりできるように、光色は電球色(3000K)を採用したという。重さは205g。消費電力はLED部が7W、合計で9W。

 ボリュームや音楽の再生・停止、調光といった操作は、付属のリモコンで行えるほか、スマートフォン用のアプリ「SongPal」でも行える。リモコンの背面にはNFCチップが内蔵されており、スマートフォンなどのBluetooth機器とのペアリングが簡単に行える。対応するBluetoothのコーデックはSBC/ACCで、LDACには非対応。

 Bluetoothの接続は、付属のリモコンを介さず、LED電球とスマートフォンなどのデバイスを1対1でペアリングする形となる。このため、複数のLED電球で同時に音楽を鳴らすことはできない。付属のリモコンでの調光操作については赤外線でコントロールしているため、複数のLED電球の明るさを調節できる。

前面にスピーカーを配置しながらも、影になりにくいように工夫されている
付属のリモコン。ホイールを回すことで調光が行える
リモコンの背面

(湯野 康隆)