ニュース

今度はVoLTEに対応、Androidベースのフィーチャーフォン「AQUOS K SHF32」

 auの「AQUOS K SHF32」は、ソフトウェアプラットフォームにAndroidを採用しつつ、スマートフォンではなく、従来型のフィーチャーフォンとして仕上げられたシャープ製折りたたみ型端末。2015年夏モデルのフィーチャーフォンとして、春モデルに続いて登場することになったが、今回は新たにVoLTEに対応した。7月中旬に発売される。

 ハードウェアスペックは春モデルの「AQUOS K SHF31」とほぼ同等で、今回は新たにVoLTEに対応し、auのVoLTE対応機種との間で従来よりも高音質な通話が可能になった。ボイスパーティには対応するが、シンクコールには対応しない。

 プラットフォームにAndroidを採用しているが、Googleの各種アプリ・サービスには対応していない。Google Playは利用できないが、auスマートパスでAQUOS K向けのアプリをダウンロードできる。

 また、標準でLINEのアプリがプリインストールされていて、メインメニューにもLINEのアイコンが置かれている。LINEアプリはシャープのサポートサイトからダウンロードする形式で、LINEアプリだけをアップデートすることもできる。

 このほかにもauナビウォークやOfficeアプリ、au災害対策、安心アクセスなどのアプリもプリインストールされている。追加インストールしたアプリのためのメニューも用意されている。

 キー部分に静電式のタッチセンサーを内蔵していて、ノートパソコンのタッチパッドのようにタッチセンサー部をスワイプし、画面上のポインタを動かして操作できる。アプリによってはカーソルキーだけでも操作できる。

 通常のフィーチャーフォンに比べると4G LTEの通信機能や各種アプリ、テザリング、高機能なカメラなどを搭載していて、フィーチャーフォンよりも少しスマートフォン寄りの機能を求めるユーザー向けの端末としてデザインされている。

 春モデルでは40〜50代の男性・女性が多く購入したとのことで、今回は上質感を演出するアンバー、クリアホワイト、ボルドーという3色がラインアップされる。

 大きさは約113×51×16.9mm、重さは約128g(暫定値)。約3.4インチでQHD(960×540ドット)サイズのディスプレイを備え、背面に時刻などを確認できるサブディスプレイも用意される。1.2GHzのクアッドコアプロセッサを搭載し、メモリは1GB、ストレージは8GB。最大32GBのmicroSDカードを利用可能。

 防水、ワンセグ、GPS、赤外線通信、Bluetooth 4.0、おサイフケータイ、Wi-Fiがサポートされている。海外ローミング時にはGSMとUMTS(W-CDMA)が利用できる。TD-LTE(WiMAX 2+)は国内外ともに対応しない。

 料金プラン面ではAQUOS K向けの料金プランが複数用意される。4G LTEとVoLTEに対応しているが、3G向けのみに提供されている「シンプルコース」に近いプランを選択できる。一方で電話カケ放題プランも選択可能。ダブル定額(VK)の場合、500円で10MBまで通信でき、それ以降は0.02円/KBで上限定額は4200円。月間の通信量が2GBを超えると、通信速度が最大128kbpsに制限される。

(関口 聖/白根 雅彦)