ニュース

AQUOS Kなど新auケータイ向けに無料通話付きの料金プラン

 KDDI、沖縄セルラーは、VoLTEに対応した携帯電話「AQUOS K SHF32」の7月中旬の発売に合わせて、新たな料金プランを提供する。無料通話付きやダブル定額により、従来のフィーチャーフォンから乗り換えても安心とうたう。また、発売中の「AQUOS K SHF31」向けにも、無料通話付きの料金プランを追加する。

 「AQUOS K SHF32」は、フィーチャーフォンの使い勝手を踏襲しながら、内部にはAndroidを採用した折りたたみ型の携帯電話。音声通話の方式として新たにVoLTEをサポートしている。新たな料金プランは、VoLTE対応のauケータイ向け、として提供される。

音声従量制+ダブル定額

 音声通話が従量制の料金プランは、「VKプラン」が月額998円(税抜、以下同)で、au宛の1〜21時の国内通話が無料。「VKプランS」が月額998円で、1100円分(27分)の無料通話が含まれる。「VKプランM」は月額1620円で、2600円分(65分)の無料通話が含まれる。通話料はいずれのプランでも、30秒あたり20円。

 データ通信料は、定額サービスとして「ダブル定額(VK)」が用意され、月額500円〜4200円。10MBまでは月額500円に収まり、パケット単価は1KBあたり0.02円に設定されている。約190MBを利用すると、上限の月額4200円になる。また、月間2GB以上を利用すると128kbpsに制限される。このほかISP契約としてLTE NETの月額300円が必要。

 これらを合計すると、「VKプラン」は月額1798円〜5498円、「VKプランS」は月額1798円〜5498円、「VKプランM」が月額2420円〜6120円となる。

 「ダブル定額(VK)」は、従来のフィーチャーフォン向けのダブル定額と比較して、パケット単価が下げられている。これは、「VoLTE対応のauケータイ」が搭載するWebブラウザがスマートフォン向けサイトやパソコン向けサイトにアクセスすることで、通信量がフィーチャーフォン向けサイトよりも多くなることや、LINEで写真をやり取りするといった、コンテンツの通信量が大きくなっていることに対応するため。

電話カケ放題プラン+データ定額

 「AQUOS K SHF32」の「電話カケ放題プラン(VK)」は月額2200円。

 組み合わせるデータ定額サービスは、パケット容量別に6種類が用意される。「データ定額 2(VK)」が月額3500円、「データ定額 3(VK)」が月額4200円、「データ定額 5(VK)」が月額5000円、「データ定額 8(VK)」が月額6700円、「データ定額 10(VK)」が月額8000円、「データ定額 13(VK)」が月額9800円。このほかISP契約としてLTE NETの月額300円が必要。auスマートバリューを適用するとことも可能になっている。

電話カケ放題プラン+データ定額

 「AQUOS K SHF32」向けにはまた、「電話カケ放題プラン(VK)」の月額2200円と「ダブル定額(VK)」の月額500円〜4200円を組み合わせた料金プランも提供される。ISP契約としてLTE NETの月額300円が必要で。合計は月額3000円〜6700円になる。

「AQUOS K SHF31」向け追加料金プラン

 「AQUOS K SHF31」向けには、追加される料金プラン「LTEプラン S」が提供される。月額998円で、1100円分(27分)の無料通話が付属する。セットで契約するデータ定額は「LTE ダブル定額」で、月額500円〜4200円。パケット単価などは上記の「ダブル定額(VK)」と同じ。LTE NETは月額300円。合計は月額1798円〜5498円になる。

(太田 亮三)