ニュース

防水/おサイフ/ワンセグ対応のフレームレス「AQUOS CRYSTAL 2」

 シャープ製「AQUOS CRYSTAL 2(アクオス クリスタルツー)」は、フレームレスデザインを採用した5.2インチディスプレイのAndroid 5.0スマートフォン。ソフトバンクモバイルの夏モデルとして7月中旬以降に発売される。

 2014年に登場した「AQUOS CRYSTAL」の後継機となり、CPUやディスプレイ解像度など、スペック的にはミドルクラスに位置付けられる。昨夏に登場した先代モデルは日米共同調達モデルで、グローバル仕様となっていたが、今回は防水性能やおサイフケータイ、ワンセグに対応し、日本向けに仕上げられた。実売価格やスピーカーが同梱されるかどうかなどは未定。

5.2インチの「フレームレス」デザイン

 同時に発表された「AQUOS Xx」と同じくS-PureLEDバックライトを採用するS-CGシリコン液晶を採用。赤、青、緑の再現性を高めつつ、透過率を改善させて省電力性能も実現した。カメラやアルバムでは、被写体の色味を忠実に再現しつつ、ホーム画面やテレビ視聴時にはダイナミックモードに切り替えて、より鮮やかな発色で楽しめる。

 従来のAQUOS CRYSTALシリーズ同様、一見するとディスプレイ周囲の額縁がないように見える「フレームレス」構造を採用。約5.2インチディスプレイを搭載しつつ、横幅は71mmとなっている。昨年のAQUOS CRYSTAL(306SH)は5インチだったので、ディスプレイ・本体ともにサイズ的には微増している。

 シャープの3辺狭額縁のEDGESTデザインよりもさらに額縁が狭いため、上辺には何もなく、各種センサーやインカメラは画面の下側に内蔵されている。通話音はフロントパネル全体が振動して発音するダイレクトレシーバー仕様。

 フロントパネルの縁は昨年モデル同様、斜めにカットされていて、光の屈折などで額縁を感じさせないようなデザインとなっている。こうした斜めカット処理などのために、フロントパネルはガラスではなく、アクリル製となっている。

 ディスプレイは1280×720ドットのHD解像度で、昨年モデルと同じ。解像度が低いため液晶の透過率が高く、同じ明るさで表示するのに必要な消費電力が小さいため、2000mAhというAndroidスマホとしては少なめの電池容量ながら、上位機種に匹敵する実使用時間を実現しているという。

エモパーが進化

 スマートフォンが語りかけてくる「エモパー2.0」は、これまでは自宅でのみ利用できる形だったが、今回は、イヤホンを装着していれば外出中でも利用できるようになった。電車でいつも降りる駅を教えてくれたり、初めて訪れる場所でもその地にまつわる情報を知らせてくれたりする。

 またユーザーの好みや属性を学習するようになった。エリアや生誕月、入力した内容、対話した内容を学んで、ユーザーの好みにあわせた話題で話しかけるよう成長していく。

 このほかの機能面でも、同時発表の上位モデルAQUOS Xxとほぼ同等。ハードウェアに依存する機能に一部差があり、AQUOS Xxが搭載するハイスピード撮影機能は、AQUOS CRYSTAL 2には搭載されない。逆にAQUOS Xxと違い、AQUOS CRYSTAL 2はエッジ部分を使ったタッチ操作に対応している。

 また、昨年モデルにはなかった新機能としては、本体側面にタッチセンサーを内蔵し、本体を握ると画面がオンになるなどの自動操作ができる「グリップマジック」を搭載する。画面を縮小表示させて画面を操作しやすくする機能なども搭載している。

主な仕様

 チップセットはMSM8926(1.2GHz、クアッドコア)で、ストレージは16GB、メモリは2GB。128GBまでのmicroSDXCに対応。SIMカードはnanoSIMサイズ。メインカメラが800万画素でサブのインカメラが210万画素。

 対応する通信方式は、国内向けにW-CDMA(UMTS)方式で900MHz/2.1GHz、FDD-LTE方式で900MHz(バンド8)/1.7GHz(バンド3)/2.1GHz(バンド1)、AXGP(TD-LTE)方式で2.5GHz(バンド42)。海外向けにはGSM方式の900MHz/1800MHz/1900MHzに対応する。ソフトバンクのVoLTEサービスにも標準対応し、3G通話時も高音質化するHD Voice機能にも対応する。

 Wi-FiはIEEE 802.11b/g/nで2.4GHz帯のみ対応。Bluetooth 4.0にも対応する。テレビはワンセグのみに対応し、おサイフケータイ、NFCも利用できる。赤外線通信には非対応。

 大きさは約71×136×11mm、重さは約154g(暫定値)。内蔵バッテリー容量は2030mAh(脱着不可)。ボディカラーはホワイト、レッド、アンバーブラックの3色。

(関口 聖/白根 雅彦)