ニュース

「一括0円、やった僕らがバカなんですよ」、ソフトバンク宮内社長

ソフトバンクモバイル代表取締役社長の宮内謙氏

 SIMロック解除までの期間が180日間にしたのは、一括0円で大量に購入した人が転売するから――19日、ソフトバンクモバイルの2015年夏モデル発表会において、同社代表取締役社長の宮内謙氏がそう語った。

 質疑応答で、SIMロック解除のルールについて発表したことを問われた宮内氏は「優良なお客さんばかりだったらいいけど、一括0円でやるじゃないですか。そうするとね、業者のようなひとがきていっぱい買っていく。中国に転売する。iPhoneなんかましてや、箱に入れたまま持っていくと10万円くらいで買ってくれる」と説明。3キャリア同士で値引き合戦した結果、意図していなかった形の利用を引き起こしたと説明する。

 囲み取材でもあらためて質問が挙がり、宮内氏が「一括0円をやってる僕らがバカなんですよ、3社ともね」とコメントすると、報道陣も苦笑い。

 同氏は続けて「優良顧客にとっては嬉しいこと。でもそうじゃない人が、『何にも悪いことをしなくても儲かるぞ!』と。5台買ったら、支払う額はわずかでも(転売したら)30万円になる。そんな情報が本になったりネットに飛び交ったりしている。それは違法かというと、違法ではない。ヘンな話ですよね。特にiPhoneは中国へ持っていくとすぐ換金できる。そういう世界をよく考えてやらないと。iPhone 6発売時に世界中で店頭が混乱したのも良い例。適正にちゃんとやっていく。(割賦の踏み倒しはあまり問題にならないのか? という問いに)普通のお客さんはね(問題にならない)。そういう“悪い人たち”は買った瞬間、箱も開けずに転売ですから。値段競争をやってるほう(キャリア側)も悪いんですけどね」と語っていた。

(関口 聖)