ニュース

ドコモ加藤社長、脱“2年縛り”は年度内に対応へ

 NTTドコモの加藤社長は、7月29日に開催された第1四半期の決算会見の席で、総務省が開催した有識者会合でいわゆる「2年縛り」をやめるようキャリアに働きかける方針が出されたことについて、「検討中で方向性はまだ決まっていない。ユーザーにとって分かりやすく、納得性のあるところ、ユーザーに喜んでいただけるような形にしたい」と、対応していく方針を示した。

 また、その時期については、「できるだけ早く。いろいろな検討の要素はあるが、意思で決められること。ゴールは年度内。案としては、それよりも早くには決めていきたい」との方針を示した。

NTTドコモ 代表取締役社長の加藤薫氏

(太田 亮三)