ニュース

脈拍や会話量、食事時間を計測できる東芝の活動量計「Silmee W20/W21」

 東芝は17日、同社の活動量センサーの新モデル「Silmee W20」と「Silmee W21」を発表した。Amazon.co.jp、Yahoo!ショッピングと楽天市場の同社ストアにて販売する。「W20」は2万4000円(税込)で9月下旬より、GPSを搭載した「W21」は2万8000円(税込)で11月初旬より出荷を開始する。

 新モデル「Silmee (シルミー) W20/W21」は、従来品の「Activand」に新機能を多数追加した上位モデル。腕につけるタイプの活動量計で、歩数や消費カロリー、睡眠検出といった、一般的な機能に加え、脈拍・紫外線・皮膚温度の測定が可能。また、着用者が会話した時間を記録する会話量測定機能、食事中の手の動きから食事時間検出する機能を搭載。「W21」のみの機能として、GPSによる移動ログの記録機能備えている。また、ボタン操作によって、あらかじめ登録した第三者にSOSメールを送る緊急連絡機能も搭載している。

 取得したデータはスマートフォン上のアプリから閲覧できる。アプリの対応OSはAndroid 4.4以上またはiOS7.0以上。スマートフォンとの通信はBluetooth Smartを利用する。リチウムイオン電池を内蔵し、一度の充電で14日間連続稼働する。搭載センサーは加速度、脈拍、紫外線、赤外線。「W21」のみGPSを搭載。

 IPX5/IPX7相当の防水・防塵性能を持つ。大きさと重さは、「W20」が約20.5×65×12.5mmで約29.5g。「W21」は、約25.5×65×12.5mmで約38g。カラーはどちらもブラックのみ。バンド部分は市販の腕時計用のバンドに交換して利用することができる。

 東芝では「Silmee W20/W21」を消費者向けに販売する一方で、大学や研究機関や法人向けにも提供し、測定したデータを活用したサービスの開発を促していく。同社が大分大学と共同で行う実証研究では、「認知症のなりやすさ」と身体情報・生活習慣との関連性を、同製品を用いて検証していくという。

(石井 徹)