ニュース

Android搭載スマートウォッチがiPhoneと連携可能に

「Android Wear for iOS」をApp Storeで配信開始

 Googleは、Android Wear搭載のスマートウォッチをiPhoneと連携できるようにするiOS向けアプリ「Android Wear for iOS」の配信を開始した。App Storeからダウンロードでき、利用料は無料。

「Android Wear for iOS」(右はファーウェイのモデル)

 「Android Wear for iOS」をiPhoneにインストールすることで、Android Wear搭載のスマートウォッチをiPhoneとペアリングして利用できるようになる。

 ペアリングすることで、iPhoneからの通知の表示や、iPhoneと連携した活動量計としての利用、行動履歴でパーソナライズした情報を提案する「Google Now」、「OK, Google」と話しかけることで始められる、音声認識による検索機能などを利用可能。

 対応端末はiPhone 5〜、対応OSはiOS 8.2〜。

 Android Wear搭載のスマートウォッチは、第1弾としてLG Electronicsの「LG Watch Urbane」がiPhoneとの連携に対応。今後、ファーウェイのモデルや、ASUS、モトローラのモデルも対応する予定となっている。

(太田 亮三)