ニュース

FREETELのSIMフリーケータイ「Simple」発売3日で販売終了

 発売からわずか3日、「FREETEL」ブランドのフィーチャーフォン「Simple」の販売が終了となった。発売元であるプラスワン・マーケティングのオンラインショップでの在庫がなくなったためで、小売店では在庫限りの販売となる。

Simple

 「Simple」は、2014年の11月に発表されたSIMロックフリーのフィーチャーフォン。当初2015年の1月に発売される予定であったが、製造上の不具合によって、発売が遅れていた。24日に初回入荷分の先行予約を開始したところ、即日完売となり、その後入荷次第の販売を繰り返していた。

 同社によると、当初から出荷完了後の増産を行わず、販売終了とする予定だったという。増産を行わない理由として「Simple」は特殊な製品で、使用している部材の追加調達が困難であることを挙げている。

 また、発売前の時点で、限定数での販売となるという告知は行っていなかったが、当初の予想を大きく上回る注文があったため、早期に完売してしまったとしている。なお、「Simple」の販売台数や、店頭販売とネット販売の比率については、非公表とした。

 小売店での販売分についても既に出荷を完了しており、店頭在庫が終了次第「Simple」は販売終了となる。

 「Simple」の発売以降、ソーシャルメディアを中心に、購入したユーザーの一部からは、品質に関する疑問が挙がっている。

【追記 2015/9/2 15:20】
 同社の広報担当は、「ソーシャルメディア上での話題となっている内容については把握しているが、その内容の多くは、電話帳の仕様など、発売前に公式サイトにて公表していたもの」としたうえで、「発売後間もないため、正確な数字は把握できていないが、いわゆる“不具合”と認識されるものは、ごくわずか」としている。

 発売後の短期間での販売終了については、「計画台数の完売が理由、ソーシャルメディア上の評判とは関係ない」とし、「今回の反響をもとに今後の製品開発をおこなっていく」とコメントした。

(石井 徹)