ニュース

スマホでライブビュー、全天球撮影できる「RICOH THETA S」

 リコーは、撮影者の周囲360度の全天球写真を手軽に撮影できる「THETA(シータ)」の上位モデルで、新たにスマートフォンに繋ぎながら撮影イメージを確認できるライブビュー機能などをサポートした「THETA S」を10月下旬に発売する。オープンプライスで、店頭価格は4万円台前半になる見込み。

THETA S(ブラック)と従来のTHETAシリーズ

 「THETA S」は、全天球撮影が可能なデジタルカメラの上位モデル。従来モデルと比べて、新に開発されたF2.0のレンズユニットや大型化したイメージセンサーを採用。静止画で約1400万画素に相当する全天球撮影が可能になった。画像処理技術も最新となり、長秒時撮影(バルブ撮影)と組み合わせて、夜景を撮影する際もノイズを押さえた写真を撮れる。全天球動画ではフルHD相当で30fpsの映像を最大25分間、記録できる。

 THETAシリーズでは初めてライブビュー機能をサポート。スマートフォンやタブレットとWi-Fiで繋ぎつつ、「THETA S」が捉えた映像をリアルタイムに確認できる。

 大きさは44×130×22.9mm、重さは約125g。ボディカラーはブラック。メモリは8GB。パソコンなしでも、スマートフォンやタブレット上で、全天球動画を作成でいるアプリも用意される。本体の底面には三脚穴を備える。THETAシリーズ向けの別売オプションで、三脚穴に取り付けられるストラップ用アタッチメント、IPX7相当の防水性能を備えたハードケース、合皮仕様でスロットインタイプのソフトケースが発売中で、それらも利用可能となっている。

(関口 聖)