ニュース

ソフトバンク、“直近3日間で3GB”に終日制限の条件を緩和

制限時の速度も向上

 ソフトバンクは、4G対応のスマートフォン・タブレットにおいて、対象の料金プランを利用している場合に設けられている通信速度制限の条件を、9月より緩和している。

 「スマホ放題」を除く料金プランでは、プランで規定される通信容量とは別に、短期間に大量のデータ通信を行った際に、終日の通信速度制限(終日制限)を実施している。

 今回の緩和により、4G対応のスマートフォン・タブレットにおいては、速度制限の条件が「直近3日間で約3GB以上」に緩和される。これまでは「直近3日間で約1GB以上」だった。この緩和は9月中旬に実施される予定。

 終日制限の条件の緩和に先駆けて、9月1日からは順次、通信速度制限時の速度が従来よりも向上する緩和策も実施される。制限時の通信速度は非公開となっている。

 なお、端末購入時のキャンペーンなどにより、データ通信容量に制限がないプランを利用しているユーザーには、別途条件が案内されるとしている。

 ソフトバンクでは、詳細は後日Webサイトで案内する予定。

 終日制限については、NTTドコモがXiの回線において、2014年12月末から撤廃している。KDDIは2015年2月から、1GBを3GBに緩和し、「直近3日間で3GB以上」としている。

(太田 亮三)