ニュース

ドコモのiPhoneは262.5Mbps、予約は12日から

 NTTドコモは、「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」を9月25日に発売する。予約は12日16時1分から受け付けるが、それに先立ち、10日午後から「予約の事前登録」を開始する。これは実質的な予約受付になるとのこと。手続きの詳細や正式な開始時間はあらためて案内される。

【お詫びと訂正 2015/9/10 11:51】
 記事初出時、「事前登録の後に本登録といった二度手間はない」としておりましたが、現時点ではまだそこまで決定していないとのことで、当該の記述を削除いたしました。お詫びして訂正いたします。

【追記 2015/09/10 17:13】
 NTTドコモは、9月10日午後から開始すると案内していた「予約の事前登録」の実施を見送った。これにより、予約は他キャリアと同じ12日16時1分からになる。

 この訂正にともない、本記事のタイトルは初出時の「ドコモのiPhoneは262.5Mbps、予約は実質10日午後スタート」から「ドコモのiPhoneは262.5Mbps、予約は12日から」に変更した。

下り最大262.5Mbps

 同社では、iPhone新機種の発売日である25日より、下り最大262.5Mbps/上り50Mbpsの通信サービスを東名阪地域で提供する。対象機種はiPhone 6s/6s Plusの2機種で2波の電波をまとめるキャリアアグリゲーションで実現する。

 262.5Mbpsで通信する周波数帯は2GHz帯(15MHz幅/112.5Mbps)と1.7GHz帯(20MHz幅/150Mbps)という組み合わせ。なお、東京・丸の内(有楽町)のドコモラウンジ、名古屋・栄のスマートフォンラウンジ、大阪・梅田のドコモショップグランフロント大阪という限られた場所では、「800MHz帯(15MHz幅/112.5Mbps)と1.7GHz帯(20MHz幅/150Mbps)」を組み合わせて下り最大262.5Mbpsで通信できる。

 東名阪以外では、800MHz帯と2GHz帯という組み合わせになり、下り最大187.5Mbpsになる。Androidでは「1.5GHz帯+2GHz帯」で225Mbpsのキャリアアグリゲーションを利用できるが、iPhone 6s/6s Plusは非対応。

 また、ドコモでは今後、300Mbpsのキャリアアグリゲーションを導入する方針だが、新しいiPhoneでは利用できない。

 対象エリアは1都2府15県(東京都、大阪府、京都府、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県、静岡県、山梨県、愛知県、岐阜県、三重県、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県)となる。

(関口 聖)