ニュース

ヤマト運輸の「メルカリ便」で匿名配送、試験運用開始

 メルカリとヤマト運輸は、フリマアプリの「メルカリ」から簡単に配送作業を行える「らくらくメルカリ便」において、「匿名配送」の機能を追加し、試験運用として9月15日より提供を開始する。

 「らくらくメルカリ便」に追加される匿名配送の機能は、双方が住所を公開することなくやりとりできるもの。メルカリのデータベースとヤマト運輸のデータベースが連携することで、送り状にお互いの住所が記載されていなくても荷物を送ることができる。発送の際には、ヤマトの営業所端末「ネコピット」で手続きを行う。

 試験運用の開始当初は、抽選で選ばれる一部のユーザーを対象として同機能が提供される。また試験運用では匿名配送に関する追加の料金はかからないが、本格運用開始時には料金体系がメルカリから別途発表される。

 今後は発送窓口を拡大する方針で、コンビニでの受付、セールスドライバーによる集荷にも対応する予定としている。

(太田 亮三)