ニュース

ドコモも月額1700円の通話定額「カケホーダイライト」

iPhone 6sの発売日から提供

 NTTドコモは、新料金プランの「カケホーダイ&パケあえる」において、月額の基本料を従来よりも抑えた基本プラン「カケホーダイライトプラン」を9月25日より提供する。基本使用料は月額1700円(税抜、以下同)で、5分以内なら国内通話が回数無制限で無料。

 「カケホーダイライト」は、すでにラインナップされている「カケホーダイ」の月額2700円から1000円安い月額1700円としたプラン。国内通話について、5分以内なら回数無制限で通話料は無料。5分を超過すると30秒あたり20円で、「ファミリー割引」の家族間は5分を超過しても無料となっている。LTE回線で、対象のパケットパックを契約する場合、「カケホーダイライト」を契約できる。

 0180や0570、他社が料金を設定する電話番号への通話は、無料通話の対象外。なお、2年契約など、期間拘束のない契約では月額3200円になる。

 「カケホーダイライト」に各種の割引キャンペーンを適用した際の割引額は、「ドコモにチェンジ割」が1350円の割引、「光スマホ割」が350円の割引、「U25応援特割」が850円の割引、「シニアはじめてスマホ割」が850円の割引。

 なお、「カケホーダイライト」に「U25応援割」を適用した場合については、毎月の500円の割引は適用されず、1GBを追加するボーナスパケットのみが適用される。

パケットパックは5GB〜

 「カケホーダイライト」と組み合わせられるデータ通信の「パケットパック」は5GBからで、「データMパック」(5GB)、「データLパック」(8GB)、「シェアパック15」(15GB)、「シェアパック20」(20GB)、「シェアパック30」(30GB)が対象になる。また、ビジネスシェアパックの15〜3000も対象。

 シェアグループにおいては、代表回線がカケホーダイライトの対象のパケットパック(シェアパック15〜30)を契約していると、グループ内の子回線も基本プランとして「カケホーダイライト」を契約できる。

基本プラン 対象のパケットパック データ量 インターネット接続サービス 利用料金 備考
カケホーダイライトプラン
1,700円
データMパック
5,000円
5GB spモード
300円
7,000円 ――
データLパック
6,700円
8GB 8,700円
シェアパック15
12,500円
15GB 14,500円 シェアグループ内の子回線「カケホーダイライト」を契約可能
シェアパック20
16,000円
20GB 18,000円
シェアパック30
22,500円
30GB 24,500円

iPhone発売前に3社横並びが完成

 iPhone 6s/6s Plusの発売に合わせた料金プランをめぐっては、KDDIが9月11日に「スーパーカケホ」を発表、ソフトバンクは11日深夜に「スマ放題ライト」を発表していた。ドコモが今回発表した「カケホーダイライト」を含めて、いずれも月額1700円で5分以内なら回数無制限で通話料が無料、という内容は共通。組み合わせられるデータ通信量のプランは、auが3GB〜、ソフトバンクとドコモが5GB〜といった差分はあるが、3社とも基本的な内容は横並びに戻った。

(太田 亮三)