ニュース

MVNOユーザーはiOS 9アップデートの前に対応の確認を!

プロファイルのインストール

 9月17日未明よりiPhone/iPad向けに最新版の「iOS 9」の配信が開始されているが、既存端末をiOS 9にアップデートした際、一部MVNOにおいて通信サービスが利用できなくなっている。NTTドコモやau、ソフトバンクでiPhone/iPadを利用しているユーザーには影響はない。

 iOSデバイスをサポートしているMVNO各社は、iOSデバイスで利用するための設定情報の「プロファイル」を配布している。まだiOS 9の正式版が配信開始されたばかりなので、ほとんどのMVNOでは調査・検証している段階だが、iOS 9ではプロファイルの形式が古い場合、通信できないという問題が発生している模様だ。

 一部のMVNOではiOS 9対応のプロファイル配布を開始している。対応はMVNOによってバラバラなので、MVNOでiOSデバイスを運用しているユーザーは、契約しているMVNOがiOS 9対応のプロファイルを配布しているかを確認してから、iOS 9にアップデートしよう。

古い形式のプロファイルが問題に?

 iOSに対応するMVNO各社は、iOSでネットワークに接続するための「プロファイル」と呼ばれる設定ファイルを配布している。このプロファイルには、iOS 6以前に使われていた「APN Payload」などと呼ばれる旧形式と、iOS 7以降で利用が推奨されている「Cellular Payload」などと呼ばれる新形式の2種類がある。iOS 9では旧形式のプロファイルでMVNOのネットワークに接続できなくなった模様だ。

 筆者の手元にあるFREETELのSIMカードの場合、9月17日午前7時時点では公式で配布されているプロファイルで通信できなくなっていることが確認できている。

 iOS 9に対応する新形式のプロファイルは、DMM mobileやBIGLOBE、U-mobileなどがiOS 9より先に配信を開始している。

 OCNやIIJなどは、新形式のプロファイルの配信を行なっているが、公式な検証によって対応が確認されるまで、iOS 9へのアップデートをしないように呼びかけている。逆に、iOS 9への対応を謳っていなくても、新形式のプロファイルを配布しているMVNOもある。

 なお、新形式のプロファイルは、iOS 6以前では利用できないが、iOS 7/8では利用できるため、iOS 9へのアップデート前に導入が可能だ。

 まれに契約しているMVNOとは異なるMVNOのプロファイルが動作するケースもあるが、サポート対象外となるだけではなく、別MVNOのアクセスポイントを不正利用している状態になる可能性がある。インターネット上でユーザーが作成・公開しているプロファイルも同様なので、注意が必要だ。

(白根 雅彦)