ニュース

ドコモ、訪日外国人向けWi-Fiサービスのクーポンを企業向けに提供

ANAやナビタイムがクーポンを提供

 NTTドコモは、企業が提供する訪日外国人向けサービスの支援を目的に、トライアル提供中の「docomo Wi-Fi for visitor」のアカウントに引き換えできるクーポンを9月25日から提供する。各企業は自社サービスと一緒にクーポンを配布できるようになる。

 ドコモは2014年8月からトライアル提供として、訪日外国人向けに有料の公衆無線LANサービス「docomo Wi-Fi for visitor」を提供している。今回の取り組みにより、法人企業は「docomo Wi-Fi for visitor」のアカウントに引き換えできるクーポンをノベルティやキャンペーンなどで活用できるようになり、クーポンを入手した訪日外国人観光客は「docomo Wi-Fi for visitor」を利用できるようになる。利用料金は各企業のクーポンの内容により異なるとしている。

 クーポンのトライアル提供により、クレオ、全日本空輸(ANA)、ナビタイムジャパン、バーニーズ ジャパン、ブリックス、KNT-CTホールディングスが、クーポンを活用した訪日外国人向けの施策を実施する予定。「docomo Wi-Fi for visitor」は駅や空港、カフェなど国内15万カ所で接続できる。

(太田 亮三)