ニュース

世界初4Kディスプレイ搭載「Xperia Z5 Premium SO-03H」

 NTTドコモの「Xperia Z5 Premium SO-03H」は、世界初という4K(3840×2160ドット)で5.5インチの液晶ディスプレイを搭載するAndroidスマートフォン。11月下旬に発売される予定。ボディカラーはChrome、Blackの2色。

 ドコモオンラインショップでの価格(実質負担額)は、新規・MNP・契約変更・機種変更のいずれでも、7万円台半ばになる見込み。

「Xperia Z5 Premium SO-03H」

 「Xperia Z5 Premium SO-03H」は、ソニーモバイルコミュニケーションズ製のAndroidスマートフォン。9月2日に海外で発表されていたモデルで、ドコモ向けにはChrome、Blackの2色が投入される。デザイン面では鏡面仕上が特徴で、Blackはピアノのような、Chromeは鏡のような仕上げになっている。左側面のフレームに「XPERIA」のロゴが刻印されるのも特徴。新たに右側面の電源ボタンが指紋認証に対応している。

 5.5インチで3840×2160ドットという4K液晶ディスプレイを搭載。本体のカメラを利用した写真や動画では、4Kで録画、4Kで再生といったように、記録と再生の両方を4Kで楽しめる。4K動画から800万画素の写真を切り出す、撮り逃し機能も搭載する。11月下旬から提供される4K動画配信サービスでも4K表示を楽しめる。

 プラットフォームとしてのAndroidは4K解像度に対応していないとされ、「Xperia Z5 Premium SO-03H」においても、ホーム画面などの通常の画面は、フルHD解像度を前提に作られた画面やコンテンツを引き延ばす形で4Kディスプレイに表示する。その上で、一部のコンテンツについては高画質化処理を施す「4Kアップスケーリング」を適用する。

 高画質処理の「4Kアップスケーリング」が対応するのは、動画系アプリと、プリインストールされるアルバムアプリのみ。動画については、ハードウェアデコードに対して「4Kアップスケーリング」が適用される形になる。アプリ内のソフトウェアデコードで再生する場合は、高画質な「4Kアップスケーリング」処理は適用されない。

 前述のように、11月下旬から「dTV」で4Kコンテンツの配信が開始される。アーティスト「AAA」の最新シングルのビデオのほか、オリジナルドラマや音楽のライブ映像、ミュージックビデオなどが4K配信に対応する。これらは4Kテレビにも対応する。

 アプリは通常の「dTV」アプリと同じで、「Xperia Z5 Premium SO-03H」で利用する際に4Kコンテンツを再生可能になる。配信ビットレート(24Mbps、12Mbpsなど)は現在調整中。なお、例えば4Kで一般的な24Mbpsでは、5分間で約1GBと非常に大きなデータになるため、アプリにおいて、4K配信はWi-Fi環境のみで視聴できる仕様にすることなどが検討されている。

 同じく「ひかりTV」も、4Kコンテンツ「ひかりTV 4K」のスマートフォン向けの配信を11月下旬に開始する予定。

 「Xperia Z5」シリーズ共通の機能として、メインカメラは新開発の2300万画素CMOSセンサーを採用。従来モデル(Xperia Z4)から1mm広角になった、24mmの広角レンズ(35mm判換算)を搭載する。オートフォーカスはコントラスト検出と位相差検出を組み合わせた方式を採用し、世界最速を謳う最速0.03秒を実現する。

 メインカメラの超解像ズームは従来モデルの3倍から5倍に対応、「プレミアムおまかせオート」は明るさと色合いを任意に調整できる機能が追加されている。手ぶれ補正では、自転車やドローンに装着した際の動きにも対応した。

 側面の電源ボタンは、ボタンの周囲を凹形状とすることで指先を誘導しやすいデザイン。指紋認証では最大5パターンまでの指紋を登録できる。ドコモの決済サービスなどと連携することもできる。

 「Xperia Z5」シリーズでは、その場にいる友だちなどと写真や音楽を共有できる「PartyShare」を搭載する。Wi-Fi Directを利用した機能で、モバイルネットワークやWi-Fiルーターは不要。ホストとなる「Xperia Z5」シリーズの端末で「PartyShare」アプリを起動し、NFCでタッチして友だちを招待できる。ホスト側になれるのは「Xperia Z5」シリーズだが、招待されるゲスト側はXperiaでなくても、「PartyShare」アプリをインストールしたAndroid端末であれば参加できる。

 写真の共有では、ゲストやホストが写真を選択すると、すぐにホストとゲストの間でシェアされ、同じ写真がそれぞれの端末に表示される。

 音楽はホスト端末の本体スピーカーや、ホスト端末がペアリングしたBluetoothスピーカーなどから再生が可能。ゲスト端末で音楽を選択すると、リクエストという形で楽曲がホストに転送され、ホスト端末を通じて再生が可能になる。

 ハイレゾオーディオの再生に対応。ソニー製のイヤホン「MDR-NC750」を装着すれば、ハイレゾ再生とデジタルノイズキャンセリング機能を両立させて利用できる。従来同様に、ノイズキャンセリングイヤホンに搭載された左右のマイクでバイノーラル録音も行える。

 従来モデル同様にディスプレイは水滴がついても誤作動が起こりにくい仕様で、USB端子はキャップレス防水。文字が大きく操作のしやすさに配慮したホーム画面も搭載する。日本語入力のPOBoxは6種類の日本語フォントを設定できる。

「Xperia Z5 Premium SO-03H」 Chrome
Black

主な仕様

 液晶ディスプレイは5.5インチ、3840×2160ドットのトリルミナスディスプレイ。チップセットは「MSM8994」で、2GHzのクアッドコアと1.5GHzのクアッドコアからなるオクタコア。メモリー(RAM)は3GB、ストレージは32GB。メインカメラは2300万画素、インカメラは510万画素。Wi-FiはIEEE 802.11a/b/g/n/acで、GPS、Bluetooth 4.1に対応する。最大200GBまでのmicroSDXCカードに対応する。

 通信速度はPremium 4Gとして、理論値で下り最大225Mbps、上り50Mbpsに対応。LTEはドコモの5バンド(2GHz/1.7GHz/1.5GHz/800MHz/700MHz)に、3Gは3バンド(2GHz/800MHz/新800MHz)に対応する。国際ローミングはLTE、3G、GSM、TD-LTEをサポートする。

 VoLTE(海外対応)、指紋認証、防水・防塵、おサイフケータイ/NFCをサポート。パッケージ同梱のアンテナでワンセグ・フルセグ、NOTTVを視聴できる。フロントにデュアルスピーカーを搭載する。

 OSはAndroid 5.1。バッテリー容量は3430mAhで、取り外しはできない。ドコモの「ACアダプタ 05」などによる急速充電に対応。大きさは154×76×7.8mmで、重さは181g。ボディカラーはChrome、Blackの2色で、海外市場向けに発表されているGoldはラインナップされない。

発表会での展示

左からZ5 Premium、Z5、Z5 Compact

(太田 亮三)