ニュース

1年ぶりのiモードケータイ「P-01H」

 「P-01H」は、パナソニック製折りたたみ型のiモードケータイ。Androidではなく、1年ぶりに登場する従来型でFOMA対応のフィーチャーフォンとなる。11月下旬に発売され、割引適用後の実質負担額は、新規契約、MNP、機種変更のいずれも1万円台後半となる見込み。

 フィーチャーフォンとしては大画面の約3.4インチのフルワイドVGAディスプレイを備え、特大の80ドットのフォントサイズでの文字表示に対応する。従来は送受信したメールのみ、特大サイズの表示が可能だったが、メール作成画面や電話帳、発着信履歴の文字も特大サイズで表示できるようになった。

 ワンプッシュオープンボタンやキーパッド下部の3つのマルチワンタッチボタンなど、従来機種で好評だった機能を引き継ぎ、新たに消費カロリーや脂肪燃焼量も計測できる歩数計を搭載。また、Bluetooth 2.0+EDRをサポートし、Bluetooth通信でハンズフリー通話やAndroidスマートフォン・タブレットとの画像の送受信が行える。

 さらに、離れて暮らす家族などに携帯電話の利用状況を知らせる「みまもりメール」という機能を搭載。登録した宛先に、歩数計のデータや端末を開いた回数、電池残量などの情報を定期的にメール送信する機能となっており、最大3件のメールアドレスを登録して、1日3回のメール送信が可能。シニアをターゲットとした機能だが、説明員によれば、企業が営業マンの管理に利用することなども想定しているという。

 メインカメラは5.1メガピクセルとなっており、インカメラは非搭載。おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信、防水(IPX5、7)・防塵(IP5X)をサポートする。最大32GBまでのmicroSDHCカードに対応。通信方式はFOMAハイスピード(HSDPA/HSUPA)に対応し、通信速度は下り最大7.2Mbps/上り最大2.0Mbps。LTEは非対応となる。

 大きさは112×51×15.3mm、重さは123g。バッテリーは1000mAh。連続待受時間は約750時間、連続通話時間は約250時間。ボディカラーはゴールド、ダークメタル、ホワイト、レッドの4色。

(関口 聖/鈴木友博)