ニュース

富士通、MIL規格・おサイフケータイ対応のSIMフリー「arrows M02」

防水防塵で指紋認証搭載のタブレット「arrows Tab M01T」も

 富士通は、SIMロックフリーのAndroidスマートフォン「arrows M02」とAndroidタブレット「arrows Tab M01T」を発表した。

arrows M02

 メーカーブランドの製品として、MVNOなどを通じて提供される。価格については、現時点では未公表だが、他社のミドルクラス製品と同価格帯となる見込み。

arrows M02

 「arrows M02」は、幅69mmの本体に5インチの有機ELディスプレイを搭載した、SIMロックフリーのスマートフォン。ハードウェアの仕様はNTTドコモの2015年冬モデル「arrows Fit F-02H」とほぼ同等となっており、ミドルクラスに相当する。ハードウェア面で「arrows Fit F-02H」と異なるのは、指紋認証センサーを搭載していないこと、microSDXCに非対応という点。

「arrows Fit F-02H」(左)と「arrows M02」(右)

 筺体に多層コーティングやゴリラガラス3などを採用し、耐落下、衝撃性能を高めた。IPX5/8相当の防塵、IPX6相当の防水性能を備え、米国国防総省の物資調達基準、いわゆるMILスペックの14項目に準拠した耐久性試験を通過している。ボディカラーはブラックとホワイト。MVNO限定カラーも提供される予定で、mineoではピンクのモデルを提供する。

 CPUはクアルコムの「MSM8916」(1.2GHz駆動のクアッドコア)、メモリは2GB。背面カメラは約810万画素、インカメラは約240万画素。ディスプレイは5インチのHD有機EL(720×1280)。FeliCaチップを内蔵し、おサイフケータイをサポート。ストレージは16GB、最大32GBのmicroSDHCに対応。

 ソフトウェアでは、シンプルなホーム画面「Leaf UI」を初めて搭載。スマートフォンに慣れていないユーザーでも使いやすいよう、横移動のみでアプリ一覧やウィジェット画面を表示できるホーム画面となっている。このほか、「NX!ホーム」も搭載している。

 電話の声を聞き取りやすくする「スーパーはっきりボイス4」や日本語入力「Super ATOK ULTIAS」、「プライバシーモード」といった、arrowsならではの機能も搭載。2330mAhのバッテリーを搭載し、省電力機能により、3日間の電池持ちをうたっている。

 LTEでは2.1GHz/1.7GHz/900MHz/800MHz、3Gでは2.1GHz/900MHz/800MHz、GSMでは1.9MHz/1.8GHz、900MHz、850MHzに対応。VoLTEによる音声通話も利用可能。SIMカードサイズはnanoSIM。

 Wi-FiはIEEE802.11b/g/n、Bluetooth 4.1をサポート。OSはAndroid 5.1。サイズは約141×68.9×8.9mm、重さは約149g。LTEでの連続待ち受け時間は約540時間、VoLTEによる連続通話時間は約700分。

arrows Tab M01T

 「arrows Tab M01T」は、arrows独自の機能を搭載しながらも価格を抑えた、ミドルクラス相当のAndroidタブレット。SIMロックフリー仕様のLTE通信機能を備える。

 「arrows M02」と同様に、IPX5/8相当の防塵、IPX6相当の防水性能を備え、MILスペックの14項目に準拠した耐久性試験を通過している。手袋での操作にも対応。充電に利用できるスタンドが付属する。

 本体底面に滑り止め「グリップエッジ」が配置されており、壁などに立てかけた状態で安定して使うことができる。FIDO規格に準拠した指紋認証センサーを搭載、ロック解除やオンライン決済での利用に対応。

 マルチユーザーでの使用に対応し、指紋認証によってロック解除と同時に自分のアカウントで利用することができる。子どものアカウントの管理機能では、アプリごとの利用制限や、時間帯、使用時間に応じた制限を設定可能で、子どもが利用したアプリの履歴を確認することができる。

 ホーム画面は「NX!ホーム」とアイコンや文字が大きく識別しやすい「かんたんホーム」の2種類を搭載。アカウントごとに設定できる。

 画面解像度はWXGA(1280 ×800ドット)。画面を見やすくする機能として、ユーザーの年齢にあわせた色味の補正機能や、太陽光や蛍光灯、電球といった環境に合わせて輝度や色味を自動で変更する機能を備える。Wi-FiとLTEを同時に利用して、Google Playのアプリを高速でダウンロードできる「ハイブリッドダウンロード」に対応。文字入力エンジンは「Super ATOK ULTIAS」。

 本体サイズは約173×260×8.9mm、重さは約490g。ボディカラーはホワイト。

発表会ではドコモ向けの2機種も展示

 発表会の会場では、9月30日に発表されたNTTドコモの2015年冬モデルの「arrows Fit F-01H」と「arrows NX F-02H」も展示されていた。また、arrowsの機能や性能試験のデモンストレーションも行われていた。

arrows Fit F-01H
arrows NX F-02H
防塵性能のデモ
局部圧迫試験のデモ
耐落下性能のデモ
高速ダウンロード機能の性能デモ
TransferJetでの録画番組転送機能のデモ

(石井 徹)