ニュース

病院の診察料を携帯料金とまとめて後払い「スマート病院会計」

 ソフトバンクは、病院の診察料を携帯電話の料金と合算して後払いで支払えるサービス「スマート病院会計」を12月より開始する。サービスの利用料は現在未定。

 「スマート病院会計」は、「My SoftBank」から事前に登録することで、対応する病院にて利用できる。診察時に同サービスを利用する旨を伝えれば、診察料については携帯電話の料金と合算した後払いとなり、診察が終わればすぐに帰宅できる。処方箋がある場合でも、基本的には同サービスの利用者は優先して処方箋をもらえる仕組みになっている。

 診察料の明細については「My SoftBank」上で確認できる。ソフトバンク回線の契約者の家族も、利用登録をすれば「スマート病院会計」を利用できる。

利用手順のイメージ

 対応予定の医療機関は、当初は大病院を中心に130以上が対応。具体的には、東京医科歯科大学医学部附属病院、順天堂大学医学部附属順天堂医院、順天堂大学医学部附属練馬病院、東京ベイ・浦安市川医療センター、総合病院厚生中央病院、会津中央病院、イムス太田中央総合病院、六地蔵総合病院、佐田病院、名古屋共立病院など。

 今後は小規模なクリニックなどにも展開を拡大し、1年後の2016年12月には1000以上の医療機関が対応する予定。

 同サービスに対応する端末は、ソフトバンクのiPhone、iPad、Androidのスマートフォン、タブレット。

 なお、同サービスはエムイーエックステクノロジーズの「医療費あと払いサービス」の仕組みを利用したサービスになっている。

(太田 亮三)