ニュース

J:COMがau網でMVNO参入、映像コンテンツは通信量カウントなし

LGのフィーチャーフォン型LTE端末やタブレットも用意

 ジュピターテレコム(J:COM)は、auのLTE網を利用したMVNOに参入し、10月29日より「J:COM MOBILE」を開始する。全国のJ:COMが提供されているエリアのユーザーが申し込める。

J:COM MOBILE スマホセット[3GB]

 「J:COM MOBILE」は、auのLTE網を利用する回線と、独自に調達した端末をセットにするプラン「J:COM MOBILE スマホセット[3GB]」を用意する。端末はLG Electronics製で、LTEやGoogle Play、タッチ操作に対応するフィーチャーフォン型のAndroid端末「LG Wine Smart」(LGS01)とのセットになっている。「LG Wine Smart」については別記事も参照されたい。

LG Wine Smart

 最大の特徴は、プリインストールされるアプリ「J:COMオンデマンド」を利用する際のパケット通信量がカウントされない点。同アプリのパケット通信量については無料で利用できる。

 「J:COMオンデマンド」アプリは、J:COMのテレビサービスの契約者向けに提供されている映像配信サービス「J:COMオンデマンド」を、スマートフォン・タブレットでも視聴できるアプリ。アプリでは、マルチデバイス視聴に対応する約3万8000本がラインナップされる。スポーツやニュースなど、14チャンネルが無料で視聴できるほか、有料プランとしてビデオオンデマンド配信のパックも用意される。

 なお、「J:COMオンデマンド」アプリを含めて、終日制限は直近3日間で3GBが対象になる。

 料金プランの「J:COM MOBILE スマホセット[3GB]」は、音声通話に対応、通信容量は月間3GB、遠隔操作による初期設定サポートなど込みで、利用料は2年契約で月額2980円(税抜、以下同)。長期契約ではない標準契約は月額3680円。通話料は30秒あたり20円、追加のパケットは100MBあたり200円。容量超過時の通信速度は200kbps。

 月間の通信容量は翌月繰り越しに対応する。公衆無線LANサービスの「Wi2 300」も2016年6月末までは追加料金無しで利用できる。

 「LG Wine Smart」の価格は3万3000円で、24回払いの場合は月額1375円、J:COMのテレビまたはインターネットに加入すると端末代金が実質無料になるキャンペーンが2016年1月11日実施される。端末はLTEで2GHzと800MHzをサポート。下り150Mbpsで、VoLTEをサポートしている。

J:COM TV with タブレット

 J:COMのの「J:COM TV」および「J:COM NET」の契約者向けには、「J:COM TV with タブレット」として、データ通信のみに対応するLTEタブレットのプランが用意される。

LG G Pad 8.0 L Edition

 新たに提供される「J:COM TV with タブレット」の利用料は「TV Everywhere」料金として月額980円。auのLTE網を利用し、端末はLG製「LG G Pad 8.0 L Edition(LGT01)」になる。月間の通信容量は1GBで、自動繰り越しに対応、追加のパケットは100MBあたり200円。容量超過時の通信速度は200kbps。

 タブレット「G Pad 8.0」の価格は2万6400円、24回払いでは月額1100円。テレビやインターネットの2年契約のプランと同時に契約すると、端末価格は実質無料、「TV Everywhere」料金も月額800円になる。端末は8インチ、WXGAのIPS液晶を搭載、下り最大150Mbpsをサポートする。

サポート、端末保証サービス

 上記の両プランを対象に、電話や訪問出張などによる「おまかせサポート」も提供する。利用料は月額500円で、電話問い合わせ、遠隔操作のサポート、訪問による初期設定などが含まれる。別途30分2000円でデータ移行も依頼できる。

 「端末保証サービス」は、端末の故障、破損、水濡れなどのトラブルに対し、電話で交換機などを手配できるサービス。利用料は月額380円。端末を交換する際の料金は、別途1回目が5000円、2回目が8000円、3回目以降は1万9800円。端末購入時のみ加入できる。「おまかせサポート」を契約しているユーザーは、配送による端末の交換ではなく、追加料金無しの出張訪問による交換も可能。

 このほか、SDHCカードやイヤホン、タブレット用のカバーなども取り扱う。

 同社では今後、「J:COM MOBILE」の端末ラインナップとして、フラットな形状の防水スマートフォンを2016年3月に提供する予定。タブレットも10インチで防水モデルを提供する予定。

ドコモ網利用のSIMカード単体も販売

 J:COMでは、ドコモ網を利用するSIMカードの単体での提供も行う。日本ケーブルテレビ連盟の「ケーブルスマホ」と連携して提供されるもので、「J:COM MOBILE SIM単体[3GB]」としてラインナップ。こちらは、端末をユーザー自身で用意する必要があるほか、上記の「J:COMオンデマンド」アプリのパケット無料といったサービスは付属しない。全国のJ:COMが提供されているエリアのユーザーが申し込める。

 利用料はデータ通信のみの場合が月間3GBで月額900円、音声通話に対応したプランは月額1600円。追加のパケット量は100MBあたり200円、通話料は30秒あたり20円。

(太田 亮三)