ニュース

パナソニックのタフパッドに防爆モデル

KDDIも法人向けに販売

 パナソニック システムネットワークスは、5インチディスプレイのタブレット端末「TOUGHPAD(タフパッド)」に防爆モデルを追加し、10月下旬より法人向けに販売を開始する。KDDIも法人向け販売の取次を行うと発表している。

「TOUGHPAD(タフパッド)」の防爆モデル

 今回提供されるのは、パナソニックが「頑丈タブレットPC」として展開している「FZ-E1」「FZ-X1」シリーズの、国内防爆検定取得モデル。防爆機器とは、ガス爆発などの危険がある場所において、火花や高温などで点火源にならないよう、爆発を防止する構造を持った機器を指す。防爆モデルが提供されることで、大型プラントや、化学・製薬工場などの防爆エリアでもタブレット端末を利用できるようになり、ペーパーレス化や、動画での連絡など、IT化が困難だった場所での業務の効率化が可能になるとしている。

 同モデルの防爆仕様では、危険区域として第二類危険箇所(Zone2)に適合している。「Zone2」は、「通常運転中に爆発性雰囲気が生成しない、もしくは生成しても短時間しか持続しない区域」と定義されている。可燃ガスに対応するが、粉じんには非対応。

 本体は帯電防止構造へ変更されているほか、標準で付属する革ケースに入れて運用する仕様。革ケースには検定合格標章が貼付されている。一般使用モデルと区別するため、本体前面パネルのカラーは黄色に変更されている。

防爆モデルは本体前面パネルのカラーが黄色に変更される

 「FZ-E1」はOSにWindows Embedded 8.1 Handheld Update 2を搭載。「FZ-X1」はAndroid 4.2.2を搭載する。どちらのモデルも、ドコモ網に対応するモデル、au網に対応するモデルがラインナップされる。

 ディスプレイや通信機能、バーコードリーダーなどの基本仕様は一般使用モデルと共通。

 一方、防爆モデルでは耐落下性能は3mから1mに、防塵・防滴性能はIP65/68からIP54に、使用環境条件は最高温度が摂氏60度から摂氏40度に変更され、耐振動性能は省かれている。

 大きさは約101mm×188×45mmで、重さは「FZ-E1」が約598g、「FZ-X1」が約595g。

(太田 亮三)