ニュース

「gooのスマホ」第4弾は「SH-M02」をベースにした「g04」

オリジナルカラーの「gooRed」をラインナップ

 NTTレゾナントは、gooブランドで販売しているスマートフォン「gooのスマホ」の第4弾として、シャープ製のAndroidスマートフォン「SH-M02」を「g04」(グーマルヨン)という名称で発売する。10月20日より予約を受け付け、11月上旬に出荷される予定。価格は3万8800円(税抜)。

「g04」(グーマルヨン)の「gooのスマホ」オリジナルカラー「gooRed」(グーレッド)

 SH-M02は、5インチ、1280×720ピクセルのディスプレイを装備したAndroidスマートフォン。防水、おサイフケータイ、赤外線通信といった国内市場向けの機能をサポートしている。

 チップセットはMSM8926(1.2GHz、クアッドコア)で、メモリは2GB、ストレージは16GBとなる。OSはAndroid 5.0。アウトカメラは1310万画素、インカメラは210万画素。バッテリー容量は2450mAh。IEEE802.11b/g/n、Bluetooth 4.0をサポートする。大きさは134×71×9.9mm、重さは約145g。

 通信方式と周波数は、LTEがB1(2000)/B3(1700)/B19(800)/B21(1500)、W-CDMAがB1(2000)/B6(800)/B19(800)。対応するSIMカードはnanoサイズ。パッケージには、NTTコミュニケーションズの「OCN モバイル ONE」のSIMパッケージがバンドルされる。

 ハードウェアのスペックはSH-M02そのままだが、g04ではオリジナルカラーの「gooRed」(グーレッド)が用意され、標準カラーの「White」と2色のラインナップとなる。なお、gooRedについては、12月上旬以降の発売となる。

プリインストールされる初心者向けのランチャーアプリ「gooやさしいスマホ」

 また、使いやすさをウリにする「gooのスマホ」シリーズとして、初心者向けのランチャーアプリ「gooやさしいスマホ」をプリインストール。標準UIでも使いやすさにこだわり、用途別のフォルダ構成に再編集するなど、SH-M02とは異なる使い勝手を実現したという。このほか、遠隔操作によるサポートサービス「グーの安心サポート」(月額390円)を1カ月無料で提供するキャンペーンも実施される。

 これまで同社では、「NTTコムストア by goo Simseller」でのオンライン販売でgooのスマホを販売してきたが、今回よりビックカメラ、ヨドバシカメラの一部店舗で端末単品販売を行う。「NTTコムストア by goo Simseller」では、10月20日の予約受付開始にあわせ、数量限定でスマートフォンケースをプレゼントするキャンペーンが実施される。

標準UIでもフォルダ構成が再編集されている

(湯野 康隆)