ニュース

ニフティ、月額1300円で国内通話かけ放題の「NifMo でんわ」スタート

NifMo でんわ

 ニフティは、月額1300円(税抜、以下同)で国内通話がかけ放題になる「NifMo でんわ」の提供を開始した。月額2700円で海外宛の通話も定額になるプランも用意される。同社では、MVNOとしては初のかけ放題サービスとしている。

 「NifMo でんわ」は、IP電話と海外経由の回線交換で電話をかけられるサービス。利用にあたっては、NifMoの音声通話SIMが必要となるため、たとえば「3GBプラン+音声通話」(月額1600円)で国内かけ放題(1300円)を利用すると、あわせて2900円で3GBの通話定額プランという形になる。まずはAndroid向けに提供が開始され、今後、iOS版が登場する。「NifMo でんわ」のアドレス帳は、スマートフォン内のアドレス帳からデータを得て自動的に同期する形となり、新たに電話帳を登録する必要はない。Android版では着信履歴も自動的に同期する。

 相手への番号通知では、「通知不可能」か「非通知」、あるいは「+81」と付いた形で表示されることがある。このため「NifMo でんわ」では、アプリからSMSを送信して、相手に通知できるようにした。SMSは、電話をかける直前、あるいは相手が電話に出ず自ら切った場合など通話が成立しなかった場合に送信可能となり、設定で自動的に送信することもできる。SMSのメッセージ内容はカスタマイズできる。送信時には、国内宛は1通3円(税抜)、海外宛は1つ50円(非課税)の送信料がかかる。

 110番や119番といった緊急通報、フリーダイヤル、ナビダイヤルなどには発信できない。通話から90分経過すると自動的に通話が切断される。この場合、あらためてかけ直すと、定額での通話を続けられる。

仕組み

 仕組みとしては、電話をかけるとまずIP電話として発信。「NifMo でんわ」のサーバー、ゲートウェイを介して回線交換のネットワークに繋がり、海外経由で相手の電話会社に着信する、という流れ。

 ニフティでは、「NifMo でんわ」を実現するため米GENBAND社のサービス「Kandy」を採用。海外ではIP電話を活用するサービスとしていくつか事例があるとのことで、日本仕様にカスタマイズして提供することになった。

料金

 利用料は、相手が固定電話・携帯電話でも定額になる「国内かけ放題プラン」(月額1300円)と、国内に加えて海外の対象国への通話が定額になる「国内+海外かけ放題プラン」(同2700円)の2種類。これらのプランを切り替える場合、手数料はかからない。

 ただし、利用開始月とその翌月から2カ月以内に解約すると、解除料3000円がかかる。

 「NifMo でんわ」のアプリは、NifMo非加入の人を含め、誰でもダウンロードできる。ただし、通話定額プランを契約しなければ電話をかけられない。かけようとした相手が既に「NifMo でんわ」のアプリをインストールしていれば、「アプリ間通話」か「一般通話」のどちらで発信するか選べる。一般通話は、「NifMo でんわ」の通話定額のことで、非契約ではかけられない。アプリ間通話はIP電話による通話として、無料で利用できる。

 IP電話の仕組みを使うため、利用時には、通信プランのデータ容量を消費する。ニフティでは消費の目安として、通話3分でおよそ1.5MB程度になると説明。「NifMo でんわ」のデータ容量を無料にするような料金プランは今のところ予定はないとのこと。なおNifMoの「バリュープログラム」による割引は「NifMo でんわ」にも適用される。

キャンペーン

 2016年1月31日までに「NifMo でんわ」のプランどちらかを契約すると、利用開始月の料金が1300円割引される。

 さらにキャンペーン期間中は毎月、500円引きで利用できる。

(湯野 康隆/関口 聖)