ニュース

固定電話型3G端末「スゴい電話」、MVNOのX-mobileが発売

エイビット製、乾電池駆動やWi-Fiテザリングも可能

 もしもシークス(エックスモバイル)は、MVNO「X-mobile」において、エイビット製の固定電話型3G端末「スゴい電話」(ABIT AK-010)を発売する。価格は3万5000円(税抜)。発売は11月16日夕方で、12月中旬より出荷される。

固定電話型3G端末「スゴい電話」(ABIT AK-010)
左から、エックスモバイル代表取締役社長兼CEOの木野将徳氏、エイビット代表取締役社長兼CEOの檜山竹生氏

 「スゴい電話」は、W-CDMAに対応した3G通信・通話機能を搭載する固定電話型の携帯電話。電源はACアダプターのほか、乾電池や充電池(別売りオプション)でも駆動できる。固定電話の回線ケーブルは接続できず、音声通話は3Gの無線網のみを利用する。

 端末には留守番電話や短縮ダイヤル、ハンズフリーなどの機能のほか、3G携帯電話のように発着信履歴からの発信機能や電話帳の管理機能を搭載。Wi-Fiもサポートされており、アクセスポイント機能としてテザリングにも対応する。持ち運びできることから、携帯電話のようなフライトモードも用意されている。

 2.8インチで320×240ドットのカラー液晶ディスプレイを搭載。通信方式はW-CDMAで、2.1GHzと800MHz(バンド6)帯をサポートする。通信速度は下り最大7.2Mbps、上り最大2Mbps。Wi-FiはIEEE802.11b/gで、2.4GHz帯。SIMカードは標準SIMカードサイズ。端末はSIMロックフリー。

 連続待受時間は、単3型アルカリ乾電池4本使用時で、最大350時間、連続通話時間は最大8時間。大きさは約200×170×62mm。リチウムイオンバッテリーは別売りで3000円を予定する。

 「スゴい電話」は、2013年に発売されたエイビット製のPHS端末「イエデンワ2」(WX05A)のデザインを踏襲しながら、端末の通信機能を3Gに変更し、背面端子など一部の仕様や外観、画面デザインなどが「X-mobile」向けに作られている。なお、エイビットからは同日、「ホムテル 3G」として同等の端末を単体で、メーカーブランドで発売することがアナウンスされている。

料金プラン

 「スゴい電話」向けの料金プランは、月額1380円。11月16日〜12月中旬までの先行販売キャンペーン期間に申し込むと、6カ月間は月額980円になる。

 データ通信容量は月間1GBで、通話料は30秒あたり19.9円。同社が従来から提供している「かけたい放題」なども利用できる。

「一般家庭でこそ使ってもらいたい」

 16日には都内で記者向けに発表会が開催された。エックスモバイル代表取締役社長兼CEOの木野将徳氏は、「スゴい電話」について、「法人向けのようだが、一般家庭でこそ使ってもらいたい」とし、説明書が不要な使い勝手という固定電話型のメリットや、配線工事が不要といった無線端末ならではの利点を紹介。高齢者が家の中で場所を問わず、馴染みのある形状で利用できるといった点で「おじいちゃん、おばあちゃんへのプレゼントにも最適」とした。

 一方で、乾電池や充電池で駆動でき、Wi-Fiのアクセスポイントにもなる点が、法人用途にも向くとし、工事現場や農家のビニールハウスなどでの電話としての利用に加えて、Webカメラの映像をアップロードする際のアクセスポイントになるといった、同端末ならではの利用シーンを紹介。さらに、タクシーの乗客や車の同乗者に向けた車載電話としての利用のほか、フライトモード対応で航空機内にも持ち込めるといった可搬性の高さも(冗談めかして)アピールした。

「スゴい電話」を発表するエックスモバイル代表取締役社長兼CEOの木野将徳氏

 発表会にゲストとして登壇したエイビット代表取締役社長兼CEOの檜山竹生氏は、同社がこれまでPHSを中心にユニークな端末を開発してきたと振り返るものの、「時代の要請が強く、3GやLTEもいろいろ開発している。もしもシークス以外のMVNOでの取り扱いは今のところ発表はしていない。(安価な)料金プラン込みで、力を発揮する端末だ」と、3G端末に舵を切っている様子を示す。

 檜山氏は、ACアダプター、充電池、乾電池という3種類の電源に対応している点に言及し、「是非モバイルで使っていただきたい。いろんな使い方を発掘していただきたい」と呼びかけた。

エイビット代表取締役社長兼CEOの檜山竹生氏

 エックスモバイルの木野社長は、MVNO事業にチャレンジするきっかけが、飛行機で偶然隣り合わせになったというウィルコム(当時)の役員との交流にあったとし、「彼の手がけていた端末やメーカーの製品を提供することには、並々ならぬ思いがある」と意気込みを語っている。販売ボリュームについても「当社の扱う端末では一番売れると思っている。なので、是が非でも当社で販売したいと(エイビットに)お願いした」と明かし、積極的に販売していく方針を示している。

会場に展示された端末

そのほかのプレゼンテーション

(太田 亮三)