ニュース

ヤマダ電機からWindowsスマホ「Every Phone」28日発売、3万9800円

 ヤマダ電機は、Windows 10 Mobile搭載のSIMロックフリースマートフォン「Every Phone」を11月28日に発売する。価格は3万9800円(税抜)。割賦での購入は、1回1791円×24回払いとなる。

 「Every Phone」は、5.5インチのHD(1280×720ドット)ディスプレイを搭載するWindows 10 Mobileのスマートフォン。ヤマダ電機では、同社独自で開発した機種としている。Windowsとあって、オフィス文書を扱える「Office Mobile」を搭載し、Word、Excel、PowerPointが利用できる。

 大きさは154.8×78.6×6.9mm、重さは約138.6g。メモリ(RAM)は2GB、ストレージは32GBで、最大64GBまでのmicroSDカードを利用できる。チップセットはクアルコム製のSnapdragon 410(1.2GHz駆動)となる。LTE対応で、バンド1/3/19をサポートする。Bluetooth 4.0、Wi-Fi(IEEE 802.11b/g/n)にも対応する。バッテリーは2600mAhで、1300万画素のリアカメラ、500万画素のフロントカメラを装備する。保証として2年間の修理保守サービスが用意されている。

 発売記念キャンペーンとして、MVNO型モバイルサービス「YAMADA SIM」がプレゼントされる。利用する場合は、別途、契約が必要で、月額利用料などがかかる。また先着3000名には4600円相当のBluetoothキーボードがプレゼントされる。このほか、900円相当の専用液晶保護フィルムもプレゼントされる。

(関口 聖)