ニュース

auが新料金プラン「タブレットプラン ds」、アップグレードプログラムも

 KDDIと沖縄セルラーは、タブレット向けの料金プランで、スマートフォンとデータ通信量をシェアする「タブレットプラン ds」を12月10日より提供する。これまでのタブレット向けデータ通信プランと比べて、データ通信量がなくなってスマートフォンとのセットが前提となる一方、月額利用料が割安に設定されている。

 「タブレットプラン ds」は、auのLTEに対応したタブレット向けの料金プラン。2年契約コースは月額2500円(税抜、以下同)、3年契約のコースは月額1700円となる。サービス名の“ds”とはデータシェアを意味し、スマートフォンとタブレットをセットで利用する人に向けたプランという位置付け。ネット接続に必要な「LTE NET」(月額300円)とあわせて、2年契約は2800円、3年契約は2000円で利用できる。

 利用する場合は、auのLTEスマートフォンとのセットでの申込が必要となる。スマホ側の料金プランはデータ定額 2/3/5/8/10/13、LTEフラット、ジュニアスマートフォンプラン、シニアプランのいずれか。

 これまで提供されてきた「LTEフラット for Tab ds」は12月21日で新規受付が終了する。同プランは月額2850円(スマホセット割適用時、LTE NETを加えると3150円)で、2GB分の通信量が付いていた。新プランでは、2GBの通信量がなくなる代わり、割安な料金で利用できるようになる。

アップグレードプログラム(タブレット)

 あわせてauでは、将来のタブレットの買い替えをしやすくする「アップグレードプログラム(タブレット)」を12月10日より提供する。こちらは、iPad Pro、iPad mini 4、iPad Air 2を購入する際に加入できるもので、月額480円(税対象外)。「タブレットプラン ds」の3年契約への加入が必要となる。端末は36回払いとなる。

 端末購入から25カ月目に新機種へ変更すると、旧機種代金の残りが実質無料となる。25カ月間に機種変更せず、割賦の支払いを終える37カ月目までに機種変更する場合は、旧機種代金の残債が無料になるという特典か、25カ月目〜機種変更月までのプログラム料が返金される。

 また、特典を利用せずに機種変更した場合、あるいは38カ月目以降に機種変更すると、プログラム料が全額(最大48カ月分)返金される。

 「タブレットプラン ds」は、既にタブレットを使っている場合でも加入できるが、「アップグレードプログラム(タブレット)」は端末購入時のみ加入できる。

(関口 聖)