ニュース

西日本では10代女性の4人に1人が「MixChannel」を利用

 ジャストシステムは、同社のアンケートサービス「Fastask」を利用して実施した「10代限定! SNS利用実態調査」の結果を発表した。調査対象は15〜19歳の男女551名。調査期間は11月17日〜23日。詳細な調査結果は、「Fastask」サイト上で無料で公開されている。

 利用しているSNSで最も多かったのは「LINE」(93.8%)で、「Twitter」(74.9%)、「Facebook」(37.5%)、「Instagram」(34.0%)、「Vine」(12.2%)、「MixChannel」(11.1%)と続いた。

 動画系のSNS「Vine」や「MixChannel」は、全国で女性の利用率が高い傾向。「MixChannel」については女性での利用率の東西差が大きく、東日本の15.0%に対して、西日本では25.3%という結果となった。

 「MixChannel」の学年別の利用率は中学3年生が最も多く30.0%となった。高校1年生では15.2%、高校2年生は15.5%と推移し、高校3年生では6.3%まで減少している。大学生・短期大学生は6.9%、社会人は7.7%となった。

 「MixChannel」ユーザーのうち、興味がある分野と回答したのは「ファッション」(45.8%)や「ヘアメイク」(40.7%)が多かった。「ヘアメイク」については、「Instagram」ユーザー(24.9%)など、他のSNSのユーザーと比較しても特に高い結果となった。

 女性の「MixChannel」ユーザーのうち、動画を投稿したことがないユーザーにその理由を聞いた設問では、西日本では「動画を作るのが面倒だから」(35.0%)が最も多く、「見てくれる人が少ないと、さみしいから」(30.0%)と続いた。東日本でも「動画を作るのが面倒だから」は29.2%と最も多く、「動画を作るのが難しそうだから」も20.8%と多く選ばれた。

(石井 徹)