ニュース

モバイルSuica、国内3メーカーのSIMフリースマホで利用可能に

 JR東日本は、おサイフケータイ向けのサービス「モバイルSuica」が2016年1月で10周年を迎えることにあわせてキャンペーンを実施するとともに、12月中旬以降、国内メーカー3社のSIMロックフリースマートフォンでも「モバイルSuica」を利用できるようになると発表した。

 モバイルSuicaが利用できるようになるのは、ソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia J1 Compact」、シャープの「AQUOS SH-M02/SH-RM02/SH-M02-EVA20」、富士通の「arrows M02/RM02」となる。

 2006年1月28日より提供されているモバイルSuicaは、現在、会員数が約367万人(電子マネー対応Suicaの総発行数は約5539万枚)。10周年を迎える2016年1月28日から、10周年記念キャンペーンとして、鉄道や買い物でモバイルSuicaを利用すると1口5000円として抽選で1110名にSuicaポイントか限定グッズがプレゼントされる。期間は2016年4月22日まで。同じ期間には、モバイルSuicaでSuicaグリーン券購入すると、10人に1人の割合でSuicaグリーン券がプレゼントされる。

(関口 聖)