ニュース

mineo、全ユーザーでパケットをシェアする機能「フリータンク」

 ケイ・オプティコムは、MVNOサービス「mineo」のユーザー同士でパケットをシェアできる機能「フリータンク」を12月17日より開始する。

 「フリータンク」は、余ったパケットを提供したり、足りない場合に引き出したりできる、全ユーザーを対象にしたパケットのシェア機能。ユーザーは、有効期限の迫った余らせているパケットを供出でき、パケット量が足りないユーザーは月末に最大1GBまで引き出せる。コミュニティサイト「マイネ王」を通じて利用する。

 具体的には、「フリータンク」にパケットを提供する場合、時期や回数に制限はなく、ひとりあたり月10GBまで提供が可能。「フリータンク」から引き出す場合は、月2回までで、合計1GBまで。引き出せるのは毎月21日〜末日の期間となっている。

 また、コミュニティサイトの「マイネ王」では、投稿やコメントに「いいね!」の感覚で利用できるチップ機能を搭載する。チップ1回につき、自分のパケット量から10MB分が相手にプレゼントされるというもので、チップを贈れる量は自分の残容量の範囲内、贈れる回数は無制限となっている。受け取る場合は回数、容量ともに無制限。

 このほか、mineoでパケット通信量を節約するアプリ「mineoスイッチ」は、Android端末においてウィジェット機能が追加される。提供開始は12月17日から。

「mineoアンテナショップ」で即日契約

 グランフロント大阪に7月から出店している「mineoアンテナショップ」は、12月17日にリニューアルし、店頭での各種の契約が可能になる。新規やMNP、SIMの受け渡し、端末の購入などが可能で、即日契約が可能なショップとして展開する。

 このほか、台湾で販売されている訪日旅行者向けのプリペイドSIMカード「EZ Nippon 日本通 5GB」が、台湾全土のコンビニ「7-ELEVEN」の店頭端末で予約できるようになっている。このSIMカードはケイ・オプティコムと提携して提供されている。

(太田 亮三)