ニュース

モトローラ製の防水スマホ「Moto G」、NTTレゾナントが2万4800円で発売

 NTTレゾナントは、同社のオンライン通信販売サイト「NTTコムストア by goo Simseller」において、モトローラ製のAndroidスマートフォン「Moto G」(第3世代)の販売を開始した。価格は2万4800円(税抜、以下同)で、2016年1月12日以降に出荷予定となっている。「OCN モバイル ONE」に申し込めるパッケージがセットになっている。

「Moto G」

 今回発売される「Moto G」(第3世代)は、モトローラ製でIPX7の防水に対応したスマートフォン。出荷時のOSはAndroid 5.1.1だが、ソフトウェア更新により2016年1月にAndroid 6.0にバージョンアップされる予定。

 ディスプレイは5インチ、1280×720ドットで、Gorilla Glass 3を採用。チップセットはクアルコムのSnapdragon 410(MSM8916)で、1.4GHz駆動のクアッドコア。メモリは2GB、ストレージは16GB。最大32GBまでのmicroSDHCカードを利用できる。

 メインカメラは1300万画素で、デュアルLEDフラッシュを搭載。インカメラは500万画素。無線LANはIEEE802.11b/g/n(2.4GHz)。

 対応する周波数は、LTEが2.1GHz(Band1)、1.8GHz(B3)、2.6GHz(B7)、900MHz(B8)、700MHz(B28)、2.3GHz(B40)。W-CDMAが2.1GHz(B1)、850MHz(B5)、900MHz(B8)、800MHz(B19)。GSMが850/900/1800/1900MHz。

 SIMスロットは2つで、両方ともLTEをサポートするが、同時に利用できるのは1つ。

 なお、防水性能はIPX7で、日本メーカーの防水端末のような防水加工は施されていない。注意事項として、水に長時間さらさないこと、1mを超える水中に30分以上沈めないこと、が挙げられている。

 バッテリーは2470mAh。大きさは約142.1×72.4×6.1(最厚部11.6)mm、重さは約155g。ボディカラーはホワイト、ブラックの2色。

(太田 亮三)