ニュース

10m離れた複数の端末にワイヤレス給電できる「Cota」、KDDIとOssiaがCES2016で展示

 米OssiaとKDDIは、2.4GHz帯を利用して複数端末に同時に給電できるワイヤレス給電システム「Cota」を、2016年1月6日〜9日に米ラスベガスで開催される展示会「CES2016」に出展する。

「Cota」によるワイヤレス充電のイメージ

 「Cota」は、Ossiaの持つワイヤレス給電技術で、約10m離れた場所から最大1Wでの給電ができる。2.4GHz帯の無線を利用し、チャージャー(送電側の機器)から、各端末の組み込まれたレシーバー(受電側のチップ)に向けて送電する方式。複数の端末に同時に給電することができる。

 レシーバーはローコストで実装できるため、スマートフォンをはじめとして、ウェアラブル機器やIoTデバイスにも実装可能という。

 KDDIは2015年1月にOssiaに出資しており、「Cota」の実用化を目指してOssiaと共同で開発を行ってきた。CES2016では、Cotaによるワイヤレス給電のデモンストレーションを展示する。スマートフォンのバッテリーケースとIoTデバイスのバッテリーに対し同時に給電し、それぞれの充電状況をスマートフォンアプリから確認したり、オン・オフを切り替えたりする展示のほか、「au ID」を利用して認証済みのデバイスだけに給電するデモンストレーションが展示される。

(石井 徹)