ニュース

片眼式のメガネ型ウェアラブル端末「Telepathy Walker」発表

クラウドファンディングで予約開始、699ドルで2016年夏に提供予定

 テレパシージャパンは、コンシューマ向けのウェアラブル端末「Telepathy Walker」を発表した。2016年夏に発売する予定で、予定価格は699ドル(約8万3000円)。日本、米国、カナダ向けのクラウドファンディングサイトを通じて予約を受け付け、早期割引も設定されている。

「Telepathy Walker」

 同社はこれまで、ビジネスシーン向けとして、片眼式のメガネ型ウェアラブル端末「Telepathy Jumper」を開発してきたが、これらの技術を活用し、気軽で直感的に楽しめるというコンセプトで開発されているのが「Telepathy Walker」になる。

 ディスプレイの解像度は960×540ドットで、カメラは500万画素。OSにはAndroid 4.4を搭載し、通信機能は無線LANとBluetoothに対応する。

 同社は「CES 2016」に出展し、新製品「Telepathy Walker」の展示を行っている。

(太田 亮三)