ニュース

グンゼとNEC、着るだけで姿勢・消費カロリー・心拍情報を計測できるインナーを開発

衣料型ウェアラブルシステム

 グンゼとNECは、着るだけで姿勢や消費カロリー、心拍といった活動状況を計測できる衣料型ウェアラブルシステムを発表した。

 同システムでは、グンゼが開発したウェアラブルシステム用の布地をインナーシャツとして加工。布地に編みこまれた導電性繊維を姿勢センサーや配線として活用する。胸部に配置されたNEC製の薄型ウェアラブル端末がデータを取得し、スマートフォンへBluetooth Low Energyで転送する。

 肌着メーカーのグンゼが持つ技術によって、伸縮性や通気性を維持しながら、ウェアラブル端末としての生体情報を取得する機能を最適化させた。日常的に着用でき、通常の肌着と同様に洗濯ができるとしている。

システム概要

 取得したデータは、専用アプリから確認する。NECのクラウドを経由してスポーツ施設などのサービス事業者とも共有でき、フィットネスプログラムに活用することもできる。グンゼでは、傘下のスポーツクラブで同製品を活用した腰痛予防や姿勢改善などのプログラムを、2016年度中を目標に提供する方針。

 グンゼは同システムを、1月13日〜15日に東京ビッグサイトで開催される展示会「第2回ウェアラブルEXPO(ウェアラブル端末の活用と技術の総合展)」に出展する。

(石井 徹)