ニュース

タブレットに最適、静音スイッチ採用のBluetoothマウス

 バッファローは、静音スイッチを採用したBluetoothで接続するマウス「BSMBB21S」シリーズを1月下旬に発売する。カラーはブラック、レッド、ホワイトの3色のラインナップで、価格は3500円(税抜)。

「BSMBB21S」ブラック
「BSMBB21S」レッド
「BSMBB21S」ホワイト

 今回発売される「BSMBB21S」シリーズは、メインの左右のボタンとホイールボタンに静音スイッチを採用し、通常のクリック感を保ちながら静音性を実現したマウス。通常モデルに比べて約96%の静音化を実現したとしている。接続はBluetooth 3.0で、USBポートが限られるノートパソコンや、Android、Windowsのタブレットとの組み合わせに最適としている。

 本体は左右対称のデザインで、右手、左手のどちらの利用にも対応する。ボタン数は3。センサーはBlueLEDセンサーで、光沢面でもマウスパッド不要で使用できる。センサーの分解能は1200dpi。

 単3形乾電池1本で駆動する。アルカリ乾電池での連続動作時間は約105時間。1日8時間の利用で5%の時間をマウス操作に割り当てた場合、想定使用可能時間は約227日。

 対応OSは、Windows 7〜、Mac OS X 10.4〜、Android、PlayStation 3。

 大きさは約60×39×101mm、重さは約57g(電池を除く)。

(太田 亮三)