ニュース

京セラ、MIL規格・防爆仕様のファブレットを米国で発表

同じ仕様フィーチャーフォンも

 京セラの米国子会社KYOCERA Communicationsは、高耐久タイプの5.7インチディスプレイ搭載ファブレット「DuraForce XD」と、高耐久の折りたたみ型フィーチャーフォン「DuraXE」を発表した。両機種とも、米キャリアAT&Tの新製品として提供される。

DuraForce XD

 「DuraForce XD」は京セラ初のファブレット端末。5.7インチでHD解像度のIPS液晶を搭載。MIL規格(MIL-STD-810G)に準拠した防水、防塵、対衝撃、対日射、温度耐久、塩水耐久などの性能試験をクリアしている。また、防爆規格に準拠しており、可燃性のガスや蒸気が存在するプラントや化学工場での使用にも対応。

 グローブでの操作に対応し、屋外の作業現場でも使える。4G LTEや、Wi-Fiを使った通話サービスにも対応。OSはAndroid 5.1、チップセットはクアルコムの「MSM8928」(1.6GHzのクアッドコア)、メモリは2GB。3700mAHのバッテリーを搭載。

DuraXE

 「DuraXE」はMIL規格準拠でIPX5/8の防水性能、IP6Xの防塵性能に加え防爆規格に準拠した堅牢な折りたたみ型フィーチャーフォン。

 グローブをしたままでも操作しやすい大きなボタンを備え、大音量のデュアルフロントスピーカーでのハンズフリー通話もしやすい。4G LTEやWi-Fiでの通話サービスに対応。

(石井 徹)