ニュース

ドコモ、8インチの「dtab Compact d-02H」を20日発売

 NTTドコモは、ドコモ タブレットの新モデルとして、8インチディスプレイ搭載のAndroidタブレット「dtab Compact d-02H」を発表した。1月20日に全国のドコモ取扱店で発売する。

 ドコモオンラインショップでの価格は一括購入で4万9896円(税込)。新規契約・MNPの場合、端末購入サポート(4万9248円割引、12カ月以内の機種変更、解約に解除料あり)と「dtab 特別割引」(648円割引)によって端末価格が0円で購入可能。機種変更・契約変更では同額の月々サポートによって毎月の料金から割引され、実質負担額が0円となる。

 「dtab Compact d-02H」は持ち運びに適した8インチでLTE対応のタブレット。製造はファーウェイが担当。スペックから、ファーウェイが販売してるタブレット「MediaPad M2 8.0」がベースモデルとなっているとみられる。ディスプレイ解像度はWUXGA(1200×1920ドット)。筐体はアルミを多用し、厚さを7.9mmに抑えることで、手に馴染むよう仕上げた。

 両サイドにスピーカーを1基ずつ搭載し、臨場感のあるサラウンド再生が可能。音響技術としてharman/kardonブランドの「Clari-Fi」と、厚みのある重低音を再現する「SmartPA」、サラウンドシステム「SWS 2.0」に対応している。

 ジェスチャー操作機能によって、対応アプリでは画面に触れずにスクロールや音量調整や操作ができる。4650mAhと8インチクラスでは大容量となるバッテリーを搭載し、連続稼働時間は約91.2時間となっている。

 CPUにHiSilicon製「Kirin 930」(2.0GHz×4+1.5GHz×4のオクタコア)を搭載。メモリは2GB。内蔵ストレージは16GBで、128GBまでのmicroSDXCに対応。背面カメラは約800万画素、インカメラは約200万画素。本体サイズは約215×124×7.9mm。重さは約345g。カラーはSilverのみ。OSはAndroid 5.1。

 ネットワークではLTEが2GHz/1.7GHz/800MHzの3バンド対応、3Gは2GHz/800MHz/新800MHzに対応する。通信速度はLTEで下り最大150Mbps、上り50Mbps。SIMカードはminiUIM(microSIM)。

(石井 徹)