ニュース

旧ウィルコムPHSのおサイフケータイサービス、終了へ

 ソフトバンクは、旧ウィルコムのPHS向けに提供されているおサイフケータイ対応サービスについて、2016年6月30日に終了する。

 PHS向けおサイフケータイは2009年から提供されてきた。サービス終了の対象機種は、WX340K、BAUM(WX341K)、Premium Bar(WX341KP)の3機種。終了にともない、「楽天Edy」「QUICPay」「モバイルAMCアプリ」「JAL ICポケットアプリ」「モバイルSuica」「ヨドバシカメラ」の各アプリの新規利用開始や、チャージなどが利用できなくなる。ただし、FeliCaチップ内のデータは消えることがなく、リーダーライターにかざして利用し続けることはできる。

 なお、ワイモバイル(旧ウィルコム、旧イー・モバイル)のスマートフォン向けおサイフケータイについては今後も提供される。

(関口 聖)