ニュース

ドコモ、電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」を3月から提供

 NTTドコモは15日、薬局が電子お薬手帳を手軽に導入し、ユーザーに応じた服薬指導を実施できる電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」を発表した。薬局向けシステムとユーザー用Android/iOS向けアプリで構成され、3月から提供予定としている。

 薬局側に提供されるサービスは、Windows 7以降を搭載したパソコン、Android 4.3以上、iOS 9.0以降のスマートフォン、Google Chrome対応のタブレットに対応。1店舗ごとに、初期設定費用として5000円(税別、以下同)、月額利用料3000円がかかる。一方、来局するユーザー向けアプリは無料で、対応OSは、Android 4.3以上、iOS 8.0以降。

 NTTドコモは、2012年4月にアインホールディングスと共同開発した電子お薬手帳や、クオールに各社の薬局で利用可能な電子お薬手帳を開発・提供してきており、これらは全国約1300店舗で導入されている。今回はより汎用的で手軽に導入できる電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」を新たに提供する。厚生労働省が推進する薬局・薬剤師による服薬情報の一元的・継続的把握に役立つサービスだとしている。

 薬局・薬剤師側は「おくすり手帳Link」を利用することで、対応アプリユーザーから共有された過去の調剤情報やアレルギー歴といった服薬情報を確認できる。また、ユーザーが撮影した処方箋画像を、来局前に受け取ることも可能。薬局利用者が公益社団法人日本薬剤師会が構築中の「リンク付けサーバー」対応の電子お薬手帳を利用していても、「おくすり手帳Link」と連携し、服薬情報を一元的にチェックできる機能も備える。

 ユーザー側が使用する「おくすり手帳Link」のアプリでは、調剤明細書に印字されたQRコードや一般用医薬品のバーコードを読み取り、アプリ上に薬の情報を登録可能。薬の効能や用法・用量などの確認や、服薬状況や体調変化などのメモも行える。処方箋画像を薬局に送り、事前に調剤準備を依頼しておける機能も搭載。

(藤縄優佑)