ニュース

トリニティのNuAns NEO、Continuumへの正式対応をアナウンス

NuAns NEO

 トリニティは、Windows 10 Mobile搭載のスマートフォン「NuAns NEO」がContinuum for Phoneを正式にサポートできることになったことを同社のブログで明らかにした。

 Continuum for Phoneは、テレビなどの外部ディスプレイにスマートフォンを接続することで、デスクトップ版のWindowsのように利用できるようにする機能。当初、マイクロソフトからは、Windows 10 Mobileの目玉機能の一つとして紹介されていたが、その後、要求するCPUのパフォーマンスが高いことが明らかになり、ハイエンドのチップセットでしか動作しないのではないかと疑われていた。

 NuAns NEOに搭載されるMSM8952(Snapdragon 617)は、ミドルレンジのチップセットに位置付けられるため、同端末の発表会ではトリニティ側からContinuumに対応することが表明されていたが、マイクロソフト側は同チップでの動作は検証中とコメントし、曖昧な状況になっていた。

 そんな中、マイクロソフトのデベロッパー向けサイト上のContinuum for Phoneの対応チップ(Minimum Requirements)の欄にMSM8952が追加されたことを受け、トリニティ社長の星川哲視氏がブログ上で「NuAns NEOが正式にContinuum for Phoneを動作させることをアナウンスすることができるようになりました」とコメント。詳細については別途紹介するとしている。

(湯野 康隆)