ニュース

キヤノン、ケーブルレスで使える「ミニプロジェクター C-10W」発売

Wi-Fi対応の小型・軽量ボディで持ち運びも簡単

 キヤノンマーケティングジャパンは2月上旬より、Wi-Fi対応した小型・軽量プロジェクター「ミニプロジェクター C-10W」を発売する。価格はオープンで、販売予想価格は4万9800円(税抜)。ボディカラーはディープブルーとシルバーの2色をラインナップする。

 「ミニプロジェクター C-10W」は、バッテリー内蔵でコンパクトサイズの「ミニプロジェクター」シリーズに位置づけられた最新作。同シリーズで2015年8月に発売した「C-5」よりボディが大型化したが、Wi-Fi接続に対応したうえ、サイズは111×111×17.2mm、重量も約260gと、持ち運びしやすい大きさと軽さを実現している。

 リアル入力解像度はWVGA(854×480ドット)、最大入力解像度はフルHD(1920×1080ドット)に対応。コントラストは400:1、明るさは最大100ルーメンのLED光源を搭載している。光源寿命は約1万時間としている。なお、音声出力用の0.7W×2chのステレオスピーカーも装備。

 スマートフォンやパソコンといったデバイスとのWi-Fi接続は、アクセスポイントを経由する方法のほか、各OSのミラーリング機能、DLNA接続にも対応している。また、MHL対応のHDMIポートも備えている。

 バッテリー稼働時間は最長1.5時間。明るさが60ルーメンになる節電モードを利用すれば、最長2時間まで稼働時間が延びる。

(藤縄優佑)