ニュース

四国電力グループのSTnet、ドコモ網とau網の通信サービス「Fiimo」を2月に開始

ケーブルテレビ徳島も「トクスマ」としてサービス提供

 四国電力子会社のSTnetは、MVNO方式のモバイル通信サービス「Fiimo」(フィーモ)の提供を2月15日に開始する。サービス開始に先立ち、2月14日まで先行予約キャンペーンを実施している。

 「Fiimo」は、NTTドコモまたはauのネットワークで利用できる通信サービス。SIMカード単体のほか、SIMロックフリーのスマートフォンやモバイルルーターとのセットが用意される。同じく四国電力子会社のケーブルテレビ徳島との共同事業として提供されており、ケーブルテレビ徳島の提供エリア内では同社が「テレビトクシマ・スマホ」(トクスマ)として同等の内容のサービスを提供する。

 月額基本料金はDプラン(ドコモプラン)、Aプラン(auプラン)とも同額。データ通信のみ、データ通信+SMS、音声通話対応の3タイプで、3GB、5GB、10GBの3種類のデータ容量プランが提供される。データ通信のみのタイプの場合、3GBで900円(税別、以下同)、5GBで1600円、10GBで2650円。


データ通信タイプ データ通信(SMS機能付き)タイプ 音声&データ通信タイプ
3GB 900円 1050円 1600円
5GB 1600円 1750円 2300円
10GB 2650円 2800円 3350円

 端末は、Aプラン/Dプランの両対応のスマートフォンとして富士通の「arrows M02」(3万2400円)、Dプラン対応のスマートフォンとしてZTE製の「Blade V6」(2万6800円)と「AXON mini」(3万9800円)、Acer製の「Liquid S530」(2万4800円)と、Dプラン対応のモバイルルーターとしてNECプラットフォームズの「Aterm MR04LN」(2万5200円)が販売される。

機種名 arrows M02 Blade V6 AXON mini Liquid S530 Aterm MR04LN
対応プラン Dプラン/Aプラン Dプラン Dプラン Dプラン Dプラン
価格 3万2400円 2万6800円 3万9800円 2万4800円 2万5200円
カラー ブラック
ホワイト
ピンク
シルバー
グレー
イオンゴールド
クロームシルバー
ブラック
ホワイト
ブラック

 端末購入時に加入できる「端末安心サポート」は月額380円。端末を破損や水濡れなどで壊してしまった場合に、1回目は5000円、2回目は1万円を支払って同一機種と交換できるという内容。

 オプションサービスとして、ケイ・オプティコムの050通話サービス「LaLa Call」が提供される。同サービスの月額基本料は100円だが、6月30日までの申し込みで12カ月間は基本料相当が無料で利用できる。

先行予約キャンペーンは8カ月間900円割引

 「Fiimo」のサービス開始に先立ち、1月23日〜2月14日までの期間で「ウルトラお得な先行予約キャンペーン」を実施している。先行予約を行った上で2月15日〜3月14日の間にFiimoを申し込んだユーザーには、最大8カ月間、月額基本料から毎月900円(税別)の割引が受けられる。

 また、「Fiimo」特製の「ウルトラマン」トートバッグがプレゼントされる。

(石井 徹)