ニュース

光学3倍ズームカメラの「ZenFone Zoom」2月5日発売、4万9800円〜

 ASUS JAPANは、光学3倍ズームカメラを搭載したSIMロックフリーのAndroidスマートフォン「ZenFone Zoom」(ZX551ML)を2月5日より順次発売する。

「ZenFone Zoom」(ZX551ML) プレミアムレザーカバーモデル

モデルと価格

 背面カバーが本革の「プレミアムレザーカバーモデル」はストレージが64GB、128GBの2種類。背面カバーがプラスチック製の「スタンダードカバーモデル」はストレージが32GB、64GBの2種類。ボディカラーはそれぞれブラック、ホワイトがラインナップされる。

 「プレミアムレザーカバーモデル」は2月5日に発売される。「スタンダードカバーモデル」は2月中旬。

 価格は、スタンダードカバーモデルは32GBが4万9800円(税抜、以下同)、64GBモデルが5万5800円。プレミアムレザーカバーモデルは64GBが5万9800円、128GBモデルが6万8800円。

背面カバー ストレージ 価格(税抜) 発売時期
プレミアムレザー
(ブラック、ホワイト)
128GB 6万8800円 2月5日
64GB 5万9800円 2月5日
スタンダード
(ブラック、ホワイト)
64GB 5万5800円 2月中旬
32GB 4万9800円 2月中旬
プレミアムレザーカバーモデル、128GB
プレミアムレザーカバーモデル、64GB
スタンダードカバーモデル、64GB
スタンダードカバーモデル、32GB
取り扱いMVNO各社
都内での発表会に登壇した台湾ASUS 会長のジョニー・シー氏

特徴、主な仕様

 メインカメラは1300万画素、インカメラは500万画素。背面のメインカメラは光学3倍ズームと4段分の光学手ブレ補正に対応し、光学3倍ズームは動画にも対応している。また、0.03秒のレーザーオートフォーカス、デュアルカラーLEDフラッシュを搭載する。ズームレンズユニットはHOYA製で、2つのプリズムに10枚構造のレンズを搭載する。最短5cmの接写や最大32秒の長秒露光も可能。側面にはカメラ用のシャッターボタン、録画ボタンが用意されている。

 ディスプレイは5.5インチ、1920×1080ドット。メモリは4GB。CPUはインテルのAtom 「Z3580」(2.33GHz)で、クアッドコア。ストレージが128GBモデルのみ、CPUは「Z3590」(2.5GHz)になる。グラフィックスチップは「PowerVR G6430」。最大128GBまでのmicroSDカードを利用できる。

 基部となるボディはアルミ削り出しで、ストラップホールも搭載、パッケージには本革ストラップを同梱している。

 通信速度は下り最大150Mbps。LTEの対応バンドはFDD-LTEが1/2/3/5/7/8/9/18/19/28、TDD-LTEが38/39/40/41。W-CDMAの対応バンドは1/2/5/6/8/19。TD-SDCAMAが34/39。GSM/EDGEは850/900/1800/1900MHz。Wi-FiはIEEE 802.11a/b/g/n/ac。SIMカードのサイズはmicroSIMカード。

 バッテリー容量は3000mAhで、急速充電に対応する。

 「Z3580」搭載モデル(32、64GB)の連続駆動時間はWi-Fi通信で約11.2時間、モバイル通信で約10.4時間、連続待受時間はLTEで約296.7時間、W-CDMAで約333.3時間、連続通話時間は1202分。

 「Z3590」搭載モデル(128GB)の連続駆動時間はWi-Fi通信で約11.1時間、モバイル通信で約10.1時間、連続待受時間はLTEで約293.4時間、W-CDMAで約303.3時間、連続通話時間は1140分。

 大きさは約158.9×78.84×5〜11.95mm、重さは約185g。

スタンダードカバーモデル
ゲストとして登壇したHOYAグループ、オプティクス事業部 DCM SBU長の神原稔氏(左)、インテル 代表取締役社長の江田麻季子氏(右)

(太田 亮三)