ニュース

ニュースアプリ利用者は3000万人超へ、満足度は新アプリが高い傾向

利用率1位はYahoo!ニュース、満足度1位はNewsPicks

 ICT総研は、モバイルニュースアプリに関する市場動向を調査し、結果を明らかにした。

 モバイル環境で利用するニュースについては、モバイルニュースアプリ、モバイルWebニュース(Webサイト)の2種類に分けて利用者数を調査している。2014年度末は、モバイルニュースアプリの利用者数が2264万人、モバイルWebニュースの利用者数は3197万人になり、合計で5461万人になった。

 モバイルニュースアプリについては、2015年度末には3385万人に拡大すると予測しており、2016年度末には4084万人、2018年度末には5082万人に拡大するとしている。Webサイトで見るモバイルWebニュースについては、3000万人規模で安定して推移すると予測されている。

 紙の新聞の発行部数は2015年で4400万部となり、年々減少を続けていることなどから、今後はネットニュースの中での読者の獲得競争が、今まで以上に激しくなると予測されている。

ニュースアプリの利用率1位は「Yahoo!ニュース」

 モバイルニュースアプリの利用実態は1月21日、22日に調査され、2157人が回答した。

 利用率を調査すると、「1カ月以内にニュースアプリを利用したことがある」人は45.5%。ニュースアプリについては、「Yahoo!ニュース」(アプリ版)が23.4%で1位になり、2位は「スマートニュース」(13.2%)、3位は「LINE NEWS」(11.6%)、4位は新聞社提供のニュースアプリ(10.4%)、5位は「Google ニュース」(9.8%、ニュース&天気とニューススタンドの合計)。6位は「グノシー」(9.3%)、7位は「NewsPicks」(3.5%)、8位は「Antenna」(3.3%)になった。

 2014年11月の前回調査と比較すると、「Yahoo!ニュース」アプリのシェアは低下し、キュレーション型ニュースアプリを中心に、2位以下のアプリの利用率が増加した。

ニュースアプリの満足度1位は「NewsPicks」

 モバイルニュースアプリの満足度を調査すると、100点満点に換算するポイントで「NewsPicks」が1位の78.6点になった。2位は「Antenna」(76.6点)、3位は「LINE NEWS」(76.1点)、4位は「エキサイトニュース」(76点)、5位は「スマートニュース」(75.9点)、6位は新聞社提供のニュースアプリ(74.7点)、7位は「@niftyニュース」(74.6点)、8位は「Yahoo!ニュース」(74.1点)、9位は「Google ニュース」(73.1点)、10位は「グノシー」(70点)。

 平均満足度は74.9点で、ほかの分野での満足度調査と比較しても満足度水準が高いとしている。

 2014年11月の前回の調査では「スマートニュース」が77.7点で1位だったが、今回の調査では、有識者や専門家などがさまざまな解釈をコメントする「NewsPicks」の特徴が満足度の高さにつながったと分析されている。

利用に障壁を感じるスマホ初心者も増加

 「1カ月以内にニュースアプリを利用したことがない」と回答したユーザーに理由を聞くと、前回の調査と同じ傾向で、「他の媒体で得られる情報で十分だから」が53.9%で過半数を占めた。

 一方、「利用の仕方が分からないから」と回答したユーザーは前回の5.8%から17.3%に拡大しており、入手や操作に利用障壁を感じるスマートフォン初心者の増加が背景にあるとしている。

(太田 亮三)